整骨院・接骨院、集客上どちらの名前が良いのか?

こんにちは、石塚直紀です。
 
接骨院・整骨院、2つの表現がありますよね。昔は接骨院という名前がほとんどでしたが、今は整骨院の方が多くなってきた印象です。
 
もしあなたが、新しく院を開業するとき、もしくは院の名前を変えようとするとき、接骨院と整骨院のどちらの方が集客上有効か考えたことありますか?
 
実は場合によっては、院名での検索に大きな妨げになりえるのが、この接骨院・整骨院問題なのです。
 
ひとつ実例をあげますので、ぜひ参考にしてください。
 

どんなにSEO対策しても、検索で表示されない問題

今の検索エンジンはとても頭が良いので、検索バーに入れた言葉が曖昧であったときなど、自動的に正しいと思われる言葉で検索をしてくれます。
 
たとえば
 
■「やうー」で検索をすると「ヤフー」という言葉で検索をしてくれる
yau
 
この機能が、悪い方向に作用することがあるのです。
 
こちらの検索結果をご覧ください。
 
■「げんき接骨院」と調べたいのに、自動的に「げんき整骨院」で検索されてしまっている
genki1
 
こうなると、「げんき接骨院に行きたいなー」と思っている人は、ページを進んでも見つけられないので、来院を諦めてしまう可能性があるのです。勝手に整骨院で検索を変えられてるって、気付きませんから。
 
こういう場合に、本当に検索したい言葉で検索をする際は、検索バーのすぐ下にある「●●●で再検索」に気付かなかればいけないのです。まず間違いなく、気付きません。
 

名前の候補を、あらかじめ検索して確認しておくこと

この現象は、げんき接骨院よりも、げんき整骨院という名前の院がすでにWeb上にたくさんあったために、検索エンジンが「整骨院」を優先してしまっているのですね。
 
なので、院名を付ける際は、まずは検索エンジンで同じ院名がないか確認しておく必要があります。(もしくはほぼ同じ院が複数ないか確認をしておく)
 
接骨院・整骨院でありそうな名前といえば
 

元気(げんき)
ひまわり
さくら
おひさま
スマイル
えがお
なごみ
さわやか
まごころ
名字のひらがな(「やまだ」や「たなか」など)

 
このあたりの言葉+接骨院(整骨院)というネーミングは要注意でしょう。
 
よく言われることに、「同じ院名にすると、先行する院のホームページに勝ちにくい」というものがあります。だからと言って、「向こうは○○整骨院だから、こっちは○○接骨院にしておけば大丈夫か?」と安易に決めると、せっかくの院名での検索流入に大きな妨げとなります。
 
特にこれは、チラシを撒くときにネックになりえます。
 
現代のチラシ集客は、チラシ単体での集客はむずかしく、患者さんはチラシ→ホームページと両方を見て検討をしてから、来院予約をします。
 
この時チラシを見た患者さんが院名で検索をしても表示されなかったら・・・ おそらくそこで検索を諦めてしまう人がほとんどでしょう。
 
せっかく費用と時間をかけて撒いたチラシが、無駄になってしまうのです。これが新聞折り込みだったら、その費用をドブに捨てるようなものです。
 
ですから接骨院・整骨院問題は、気を付けてください。「接」と「整」の違いで集客に成功するか失敗するか決まってしまうケースもあるのです。
 
これは取返しがききにくい間違いです。致命的とも言えるでしょう。
 
そうならないために、後悔しないために、しっかり集客できる状況を生み出すためにも、接骨院・整骨院は確認しておきましょう。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。