患者さんに最も響く、集客型ブログの書き方とは

ブログ

こんにちは!石塚直紀です。
 
ブログ、書いてますか?ブログを書くことは、集客に「直結する」とまでは言えませんが、集客を「サポート」してくれることは間違いありません。
 
しかし治療院の多くの方は、「どのようにブログを書けばいいの?」と悩んでいる人ばかり。
 
確かに書くときのテクニックや、気を付けるべきことは幾つかあります。
 
しかし色々テクニックを挙げてしまうと、「全部盛り込まないといけないから、書けない・・・」と思ってしまう人も多いでしょう。
 
なにより重要なことは、書き続けることです。しっかり継続して患者さんに情報を発信していくことが重要なので、全部テクニックを盛りこもうとして書けないのは、ブログの意味がありません。
 
そこで1つだけ、ブログを書くときに1つだけ気にするのであれば・・・ ぜひこれだけ意識してください。
 
患者さんの心に響くブログにして、集客をサポートする書き方。
 
それは、あなた自身の「話し言葉」で書くことです。
 
無理してカッコつけたり、書き言葉で書く必要はありません。あなたが普段患者さんに接しているような言葉で、ブログを書いてください。
 

硬い言葉遣いでは、心に響かない

あなた自身の過去を振り替えってみてください。あなたが感動した文章・心震わされた言葉・友人知人の発言で、どんな言葉に感動したり、感情が揺れ動いたりしましたか?
 
ほとんどのケースが、自然な話し言葉だったと思います。あなたに語りかける言葉だったはずです。
 
人の感情というのは、そうした「話し言葉」によって動かされやすいものです。
 
小説の文体でも、心を揺り動かされるのは、そうした話し言葉ではないでしょうか?
 
硬い口調の文章は、事実を伝えるときに有効です。理性的なものです。しかし感情には響きません。
 
どうしたって論文的な口調で心が動くわけがないのです。
 

方言だって、なまりだって良いんです!

もしあなたが方言やなまりで話すのであれば、それはそのまま言葉にしてしまっても良いと思います。
 
関西弁だって博多弁だって東北弁だって名古屋弁だって、そのほかの言葉だって、普段あなたが話すような言葉、あなたが本気で何かを伝えるときに使う言葉で、ブログを書けば良いんです。
 
それが「あなたらしさ」ですし、そっちの方があなたの気持ちが出る文章になるはずです。
 
だからと言って、硬い言葉がいけないというわけではありません。文章に書きなれている人は、そっちでも良いと思います。
 
文章を書くことが苦手な人、ブログを継続できない人が、いろいろなブログテクニックに囚われるのではなく、「まずは話し言葉でブログを継続する」ことを心がけてみるのが良いでしょう。
 
あなたの目の前に患者さんがいて、その人に語り掛けるように。語り掛けることをそのまま文章にすれば良いんです。
 
目の前に患者さんがいるのであれば、伝えたい事いっぱいあるはずです!それをそのまま文章にしてみてください。
 
これだけを心がけてください。まずはそれがブログで一番重要なことなのです。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。