治療院ホームページのSEO対策基礎知識① キーワードについて

こんにちは、石塚直紀です。
 
SEO対策。ホームページで集客しようと考えているあなたなら、確実に聞いたことある言葉でしょう。
 
あなたの院のホームページを狙ったキーワードで検索したときに上位表示させるもの。それがSEO対策です。
 
私は治療院さん以外の業種の集客サポートをしているのでわかるのですが、治療院のSEO対策は、もうすんごい大変です。
 
SEO対策のプロの私でも、治療院は大変。他の業種だとポンポンと検索上がるのに、治療院のホームページを検索上げるには、どうしても時間と手間が必要になります。
 
そして私だけでなく、治療院のオーナーであるあなたの協力も必要です。
 
今回からは、治療院のホームページのSEO対策で、知っておいた方が絶対に良いことをお教えします。これを知っておくと
 
①自分でもSEO対策が出来るようになる
②SEO対策業者にだまされにくくなる
③業者選びが上手くなる

 
という3つのメリットが、あなたにあります。ぜひ最後まで読んでもらいたいですね。
 

ホームページのSEO対策で最も重要なこと

SEO対策には色々なテクニックはあるのですが、そのテクニックというのは本質的ではありません。
 
治療院用語を使って説明すると、テクニックは根本療法ではない、ということです。(まあ対症療法でもないんですが)
 
ホームページのSEO対策で最も重要な要素は、ホームページ自体のタイトルです。ここに入っているキーワードが最重要で、ここにキーワードが入っていないと、どんなに頑張って対策をしても、検索順位は上がっていかないでしょう。
 

タイトルは28文字~31文字におさめること

まずホームページのタイトルは、長すぎてはいけません。適切な文字数というものがあります。これは検索エンジンのグーグルがそう設定しているからです。
 
なんでもかんでもキーワードを詰め込んでしまうと検索順位は上がりにくくなり、むしろ下がることもあるので要注意です。
 

狙うキーワードは2つ~3つにおさめる

また1つのページで検索上位を狙えるのは、2つ~3つのキーワ―ドまでです。キーワードを増やし過ぎると、増やした分だけ検索力は弱くなります。
 
元々の検索力が100であり、それを2つのキーワードに振り分けるか、5つのキーワードに振り分けるか、という感覚に近いと思います。
 
2つのキーワードであれば、50:50の力がキーワードには与えられ、5つの場合だとそれぞれ20しかないようなイメージです。
 

×悪い例
東京練馬駅の整体・鍼灸・カイロ治療院、WAO整体院
→「東京・練馬駅・整体・鍼灸・カイロ」とキーワ―ドが多すぎる。例え字数内におさまっていても、これはNG。

●良い例
練馬駅で腰痛専門施術をするWAO整体院

 

ページ内のキーワード出現率は、気にしなくても問題なし

SEO業者などが、SEO力チェックと称して、そのページ内のキーワード出現率などを見せてきて、「こんなにキーワード出現が少ないから検索力があがらないので、うちで対策しませんか?」と営業をかけてくることが多いですが、これはまったく気にしなくて良いです。
 
ページ内のキーワード出現率は、検索結果にはほとんど影響を与えないレベルになっていきています。
 
それよりも重要なことは、文字数。1ページ内にしっかりとした内容を、たくさんの文字数で書いてある方が重要になります。
 
ホームページのトップページであれば、2000文字を超えるくらいは欲しいですね。
 

ブログの記事タイトルは、文にした方が良い

ホームページ内にブログを組み込んで、それを更新する(記事を書いて追加する)ことも、ホームページのSEO対策として重要ですが、その1記事1記事自体の状表示を狙うことも、1つの手段です。
 
その際、ブログの記事タイトルは、単語ではなく文章にする方が検索力を上げるためには重要です。
 

×悪い例
腰痛
患者さんの体験談

●良い例
なぜあなたの腰痛はすぐに再発するのか
10年以上改善しない腰痛で悩んでいたS様が元気になりました!

 
このように文章にする方がユーザーにメリットが伝えられやすいので、検索力が高まりやすくなります。
 

どうしても上位表示を狙えない場合は、PPC広告が有効

店舗のホームページのSEO対策には限界があります。出来るのは「地域名+α」のキーワ―ドです。
 
例えば
 
練馬駅 整体
練馬駅 鍼灸
練馬駅 整体 口コミ
練馬駅 腰痛
 
などなどです。しかしこうした地域名が入らない検索キーワードで検索をするユーザーも増えてきています。例えば
 

椎間板ヘルニア 治療方法
ヘルニア 手術せずに改善
耳鳴り 治療

 
などなどです。こうした地域名が入っていない言葉は、日本全国の治療院や病院がライバルになるわけで、それはもう奇跡でも起こらない限り上位表示はムリです。(奇跡は起こらない奇跡なんです)
 
こういうキーワードの場合は、無理してSEO対策して費用と時間を無駄にするよりも、PPC広告を設定した方が、圧倒的に有意義になります。
 
SEO対策は万能ではありません。出来ることの限界を見極めて対策を打つことが重要です。
 
 
まとめると
 
ホームページのSEO対策は、ページのタイトルが最重要
そのページで狙うキーワードは2つ~3つにおさめる
タイトルは28文字~31文字におさめること
ページ内のキーワード出現率は、気にしなくても問題なし、それよりも文字数=内容の良さに気を付けること
ブログの記事タイトルは、単語ではなく文にした方が良い
どうしても上位表示を狙えない場合は、PPC広告が有効

 
以上のことを基本において、あなたの院のホームページ対策を行っていくのが良いでしょう。見直せるところがあれば、今すぐチェックして損はありません。
 
そして以上の知識があれば、SEO業者の言っている内容の正誤を判定しやすくなります。
 
正しい知識を持つことが、あなたのホームページの検索順位を上げる最短の道です。ぜひ今回の内容を、覚えておいてくださいね。

SNSでもご購読できます。