治療院のSEO対策③ 外部対策に力をいれるべきか否か

こんにちは、石塚直紀です。
 
ホームページを狙ったキーワードで検索順位を上げる「SEO対策」、そのうちの1つである「内部対策」というものについて、前回はお話しました。
 
内部があるなら当然外部もあります。SEO対策にも「外部対策」とういうものがあります。
 
確かにこの外部対策というのは、有効なこともあるのですが、逆効果になることもあります。
 
そして有効な外部対策を狙って行うことは、非常に難しいのが現状です。
 

  • SEO対策の外部対策とは何なのか
  • 実際それを行うとどのような効果があるのか?(成功事例・失敗事例)
  • では治療院はそれを行うべきなのか?

 
今回はそんなことについてお話してみようと思います。
 

SEO対策の外部対策とは?

まずが外部対策というのは何か、ということについてお話してみようと思います。
 

外部対策とは
ホームページのプログラムをいじるのではなく、他のホームページやサイトから、自分のホームページへリンクを貼ってもらうこと(被リンクを集める、と言います)

 
これを外部対策と言います。
 
外部対策
 
例えば、この「整体院・整骨院・鍼灸院の集客・開業基礎知識」というページが、あなたの持っているホームページへリンクを貼るのであれば、それはあなたのホームページにとって外部対策となります。
 
この外部対策には2つのルールがあります。
 
①自分のホームページと関連する話題・内容のページから被リンクしてもらうこと
 
②ただリンクしてもらうのではなく、文章の中で自然に被リンクするようなものが、より効果が高まりやすい
 
この2つに合致しないと、効果は薄れてしまったり、逆に検索順位がグンと下がったりしてしまうので、行うには注意が必要です。
 

外部対策 成功事例

新しいドメイン(ホームページのURL)というのは、検索力が非常に弱く、院名で検索をしても上位表示されにくいのが実情です。
 
しかしそれを外部対策で解決して、すぐに院名検索で1位にした事例があります。
 
私のクライアントで、整体・リラクゼーションスクールを運営している会社がありまして、そこの直営の治療院のホームページを作成したときのお話です。
 
その院名は比較的ありふれた名前で、かつ取得したドメインも新品だったので、検索力が非常に弱い状態でした。院名で検索しても、4ページ目に表示されている状態。これではアクセスも集まりません。
 
しかしその会社は、整体・リラクゼーションスクールのホームページを持っていて、これがペース数が多くドメインが古いので、とても強いホームページになっていました。
 
そこでこのスクールから、その直営院のホームページにリンクを貼ってみると・・・
 
3日後に、院名検索で1位になっていました。
 
これは外部対策ルールの①に合致していたため、そしてリンク元の整体スクールページが非常に強かったため、このような検索効果が生まれました。
 

外部対策 失敗事例

しかし外部対策は諸刃の剣で、ルールから外れると大変なことになります。
 
私があるアロマサロンのホームページをリニューアルしたときのことです。
 
リニューアル前は、「地名 アロマ」で10ページ目にも表示されない状態だったのですが、リニューアル後は1ページ目の10位に来ており、ブログを更新すれば、3位以内も夢ではないところまで来ていました。
 
しかしあるとき、3ページの終わりまで落ちてしまいました。
 
一時的検索順位が落ちることは、よくあります。そういう場合はだいたい1日経てば元に戻っていることがほとんど。
 
今回もそうかなーと思っていると、まったく順位が戻らない。もう3週間戻らない。
 
これはおかしいと思い、クライアントにヒアリング。何か思いあたる節はありませんか?と聞いてみたら、知人のやっている習い事ホームページがリンクを貼ってくれたとのこと。
 
そのホームページのサイドバーに、何の説明もなくバナーがあり、そこからアロマホームページへリンクが貼られていたのです。
 
これがいけなかった! 急いでそのリンクを削除してもらったところ・・・・ 2日でまた元の検索順位である、1ページ目の10位まで戻ってきました。
 
これは外部対策の2つのルール、①・②の両方に反しているために起こってしまったと考えられます。
 

関係ないサイト・ホームページからの被リンクは全部NGになるのか?

この失敗事例を知ると、じゃあ「知人のブログで紹介してもらうのは、NGなのか? 治療と関係ない個人のブログだし・・・」と思うことでしょう。
 
これはやり方の問題です。
 
知人のブログのサイドバーに説明もなくリンクを貼られてしまっては、これは検索力が弱まる可能性が高いです。
 
しかしもし、その知人のブログの1つの記事内で、「こんな治療院に行って、すごく良かった。おススメだから紹介します!」というように自然に被リンクされているのであれば、これは悪い評価はならず、むしろ良い評価になる可能性が高いです。
 
外部対策ルール②に合致するからです。
 
関係ないサイト・ホームページからの被リンクは全部NGになるわけではなく、そのやり方次第で決まるということです。
 
ただ被リンクはあなたでコントロールするのが難しいので、成功させるのは難しいのが現状でしょう。
 

治療院は外部対策をするべきか否か?

治療院はホームページのSEO外部対策を行うべきでしょうか?ホームページ集客で検索順位の上にいくことが重要なので、外部対策も行いたいという方、いると思います。
 
しかし私は、様々な経験上から、外部対策はおススメしません。
 
なぜなら被リンクはコントロール出来ませんし、思わぬ被リンクが大きな悪影響になりかねないからです。
 
SEO対策業者が行った外部対策は、悪影響になった事例もたくさんあります。意図的に外部対策をすうと、検索エンジンからペナルティを食らうことが多いんです。
 
だから私は外部対策は勧めません。それよりも内部対策とブログ更新などを地道に行うことで、確実にホームページの検索力を強化する方が確実で有意義でしょう。
 
検索力が上がる前は、PPC広告を使ってアクセスを集めれば良いのです。外部対策の費用をPPC広告に費やす方が良いに決まってますから。
 
「外部対策とは何か」自体は知っておいて損はないです。しかしそれを実施するのは有意義ではないことが多いので、基本に忠実。地道な内部対策を行っていただければと思います。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。