「患者さんとの関係性」を深くするためのニュースレターとは

こんにちは、石塚直紀です。
 
治療院のニュースレターというものは、「何を目的とするか」で掲載する内容が変わってきます。
 
以前は、「患者さんの再来院を高めるためのニュースレター」についてお話しました。
患者さんの再来院率をアップさせるニュースレターの構成とは
 
今回は「患者さんとの関係性」を深くするためのニュースレターについてお話します。
 
つまり患者さんに、あなたの院やスタッフに愛着や信頼性を持つようになってもらうためのニュースレターの構成についてのお話です。
 

あなたやスタッフの近況などを掲載する

もっとも記事を作成しやすい「あなたの院やスタッフに愛着や信頼性を持つようになってもらう」ためのコンテンツは、あなたやスタッフの近況などを掲載することです。
 
院での治療時間だけですと、基本は症状や身体のことについてのコミュニケーションになると思います。
 
ニュースレターでは、あなたの人柄部分を補強するために、近況などを掲載していくことをおススメします。
 
例えばですが
 

・最近行ったこと、ハマったこと
・趣味について(少し深めに掘り下げる)
・好きな本や映画、なぜそれが好きなのか
・あなたの意外な経歴 etc

 
こうしたことを元に、あなたが「どんな考えを持っているか」を伝えることで、治療院と患者の関係性に「親しみ」を追加することができます。
 

健康情報+あなたの考察

治療院のニュースレターといえば「健康情報」を載せることが多いかと思います。
 
これは一般的な、インターネットにもありそうな健康情報だけにしてしまってはもったいないです。
 
そうした健康情報に、あなたならではの考察・考えなどを付け加える事で、あなたの知識や洞察などに対する信頼性を高めることが出来ます。
 
例えば・・・
 

ある肩こり情報に関して
→実はそれは間違いで、本当はこうなんです

 
みたいに、一般的に知られている健康情報が、実は逆なんです!みたいな内容などは良いですね。
 

Q&Aに答えてみる

毎日の患者さんへの施術の中で、患者さんからの質問があると思います。
 
その質問をした患者さんは答えは知っていますが、他の患者さんは答えを知りません。
 
そういう日々の施術の中で患者さんから質問されることを、いくつかまとめてニュースレターに掲載するのも1つです。
 

●施術を受けた日は、なぜアツいお風呂はいけないのですか?
●テレビで紹介されたあのストレッチ方法、本当に有効ですか?
●○○健康法が流行ってますが、あれはどうなんでしょう? etc

 
患者さんは症状や健康について、素朴な疑問を持っています。
 
そうした質問されたことを書き残しておけば、患者さんからの信頼を構築するニュースレターの一部に利用することが可能です。
 

4コマ漫画とか、「誕生日おめでとう」は特にいりません

よくあるニュースレターノウハウの1つで、その月に誕生日がある患者さんの名前を載せてお祝いする、というものがあります。
 
これは特に必要ありません。最近では個人情報の扱いも厳しくなってきており、個人情報の1つである誕生月を個人名と一緒にニュースレターで紹介するのは、クレームになりえます。
 
4コマ漫画なんかも、作るのに外注が必要で費用も手間も大変なわりに、サラっと読み流されてしまいます。
 
作るのは「治療院として」のニュースレターです。
 
あなたが患者の立場なら、どんな内容に親しみを感じたり、信頼性を感じたりするのかを考えてみて作成してみることをおススメします。
 
また今まであなたがもらったニュースレターなどで、良かった内容を思い出してみるとか、これからもらうニュースレターを読み込んで、参考になりそうなものをストックしていくとか。
 
そうしたことであなたの院のニュースレターのクオリティは上がっていくと思います。
 

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。