治療院のホームページ集客に、施術内容の説明は必要なのか?

治療院の施術方法、たくさんありますよね。
 
骨盤矯正、筋肉調整、頭蓋骨調整、内臓調整。その他各治療院さん独自の療法もあれば、最近認知が大きく広がった筋膜リリースなんてのもあります。
 
こうした施術内容の詳しい説明は、はたして治療院のホームページ集客に必要なのでしょうか?
 
ある人は「読まれないから必要ない」と言います。ある人は「きちんと説明して納得感を出すのが必須だ」と言います。
 
集客で困っている治療院のみなさんにとっては、はっきりして欲しいところではないでしょうか?
 
では先に答えをお伝えします。
 
施術内容の説明は「あったらあったでベターな選択」ということです。つまりないよりはあった方が良いですよ。ということです。
 
ただしこれは、ただ説明を載せれば良いものではなく、情報の見せ方が重要になってきます。
 
また「こうした種類の施術法は、必ず説明をホームページに載せた方が良い」というものもあります。
 
今回はそうした、ホームページ集客のための「施術内容の説明」についてお話しましょう。
 

施術名・施術内容を必ず掲載した方が良いケース

次のようなケースは、施術名を出して施術内容を必ず掲載しましょう。
 
それは「流行っている施術」の場合です。
 
2017年11月現在の場合、メディアにとりあげられ一般にも考えが浸透してきた「筋膜」です。
 
筋膜リリース・筋膜調整を行っているのであれば、それは今、載せておくべきでしょう。
 
なぜならこうした現在進行形で浸透して流行っているものは、その施術名で治療院を探されてることが多いからです。
 
「練馬 筋膜リリース」 「宇都宮 筋膜 整体」とかとか。筋膜という言葉を使ったキーワード検索がありえるということです。
 
今は流行というよりスタンダードな施術として定着した骨盤矯正も、今の筋膜リリースほどではないですが、説明としては入れておいて損はないでしょう。
 
また今後、メディアに取り上げられて浸透する可能性の施術もあることでしょう。
 
メディアへ常にアンテナを広げておいて、浸透する気配のある施術をチェックしておくのは集客上非常に有効です。
 

施術内容の説明を載せておくことは、SEO対策に良い

さて施術内容の説明をホームページに載せておくことには、あるメリットがあります。
 
それはSEO対策です。ホームページのSEO対策になるんです。
 
施術名を載せて、その施術内容について説明をするのであれば、当然ある程度の文章量が必要になってきますよね。
 
1行・2行ではなかなか説明しにくでしょうから、まとまった文章量が出来上がるはずです。
 
その文章をテキストとしてホームページに載せることは、SEO対策の一環になります。
 
なぜなら検索エンジンは、文章の量もSEOの要素をしてみているからです。
 
ただし、SEO対策になるからといって劇的な効果があるわけではありません。
 
順位が低いホームページの場合ある程度の効果は期待できますが、すでに上位に表示されているのであれば、それほど変化はないと思います。(4ページ目・5ページ目に検索閣下が出ているなら、2ページ目・3ページ目まで上がるかもしれません。すでに1ページ目なら、順位が上がるのは難しいかもしれません。)
 
ないよりはあった方が良いと思います。
 

施術内容の前に、必ず患者さんの体験談を見せておくこと

施術内容を載せるのであれば、その情報を出す順番に気を付けましょう。
 
施術内容の説明より先に、必ず患者さんの体験談を見せておくこと。これが重要です。
 
情報というのは、同じ情報でも、どの順番で見せるかで印象や説得力が変わります。
 
治療院のホームページで重要なことは、「あなたの院で本当に治るのか」という患者さんの疑問を、「ここなら大丈夫だ!」という気持ちに変える内容を掲載することです。
 
つまり患者さんに必要なのは、「施術を受けた結果」です。
 
ですから患者さんの体験談という結果を見せて、「治った人がこんなにいるんだ!」「こんな症状も治ってるんだ!」「この人が治ってるなら自分も治るかも!」と思ってもらう必要があります。
 
その「治る」ことの説得力を上げるために、体験談の次に施術内容の説明がくるわけです。
 
この施術内容の説明によって、「なにが悪かったのか?」「何で良くなるのか」を理屈で説明するこで、患者さんの体験談が示した「治るという結果」を補強していくわけです。
 
この「患者さんの体験談 → 施術内容の説明」という順番が逆になり「施術内容の説明 → 患者さんの体験談」という順番になる・・・
 
まだどのような結果になるか分からない段階で理屈を説明されるので、残念ながらホームページから離脱されてしまう可能性が高まります。
 

結論、施術内容の説明はあっても良いが、載せ方を考えましょう

以上のように、施術内容の説明自体は、ホームページ上にあっても良いと思います。
 
ただ情報を出す順番に気を付けましょう。
 
いきなり、「うちの治療法はこういうので、こうなんだよ、だからすごいんだよ」と見せられたら、患者さんは逃げていってしまうかもしれません。
 
まずは施術を受けるとどんな結果になるのかを、実際の体験談で見せてから、施術内容を説明していくという、「結果補強型」の情報の出し方にしていけば良いと思います。
 
基本的な考え方として、ホームページ上に情報量が多いこと自体は問題ではなく、むしろ良いことです。SEO対策にも有効です。
 
重要なことは、その情報の提示の仕方。施術内容の説明をどの段階で提示するかです。
 
ホームページの内容で悩んでいるなら、ぜひ今回のことを参考にしてみてください。
 
ではでは。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。