新たに台頭してきたサイトで学ぶ、治療院ホームページのSEO対策とは

2017年12月、検索エンジン最大手のGoogleが日本独自の検索アルゴリズム変更を行って以来、治療院のホームページの自然検索によるアクセス数は軒並み減少しています。
 
そのため2018年05月7日に、当ページでは「SEO対策の変化と提案」についてまとめました。
 
→2018年5月現在、治療院ホームページのSEOをどうすべきか? 
 
8月になってもこの現状は変わっていません。
 
ではどうするか?
 
このアルゴリズム変更で順位を上げて来たページ、目立つようになってきたサイトがあるので、その共通点を探すことで治療院のホームページに対するSEO対策も見えてくると、当サイトでは考えました。
 
そこで次の3つのサイトに共通する内容を見出すことで、治療院のホームページのSEO対策の強化につなげていく提案を行っていきたいと思います。
 

脊柱管狭窄症ひろば│名医と学ぶ!わかさ出版WEB「自力克服道場」シリーズ http://www.kyousaku.karadane.jp/
 
疼痛.jp https://toutsu.jp/
 
ケンカツ!ー 医学部教授、医師、薬剤師、管理栄養士など、信頼の置ける専門家が執筆または解説 https://kenka2.com/

 

共通するコンテンツ① 医者監修であること

上記3サイトは共に、各ページ内容がお医者さんによる監修を経たものとなっています。
 
「公式」情報を優先させるのが今回アルゴリズムの大きな変更の1つですので、とても重要な要素ではありますが、残念ながら治療院のホームページで医者監修コンテンツを作ることはできません。
 
これは諦めるしかないでしょう。
 

共通するコンテンツ② ページの記事タイトルの頭に狙いたいキーワードを持ってくる

脊柱管狭窄症ひろばとケンカツでは、各記事の頭に【】や[]で囲った狙っていきたいキーワードが書かれています。
 

【狭窄症克服レシピ】「シトルリン」で血管をしなやかに!足のしびれ対策に「スイカの皮」レシピ
【頭痛を改善】鎮痛薬に頼らないセルフケア ひじやおでこを“冷やす”「冷却療法」とは

 
前者では狙いたいキーワードは「狭窄症 克服」で、後者では「頭痛 改善」でしょう。
 
共に治キーワードは2つに絞り、それを記事のタイトルの一番最初に持ってきているので、これは参考にして良いでしょう。
 

共通するコンテンツ③ 症状の定義から治療法まで網羅する

脊柱管狭窄症ひろばの「[2017年版]脊柱菅狭窄症の基礎知識と治療の問題点」や、疼痛.jpの「坐骨神経痛」など、その症状名で上位に上がっているページを見てみると、必要なコンテンツが見えてきます。
 

■定義(脊柱管狭窄症とは、坐骨神経痛とは)
■原因(なぜ起こるのか)
■症状(どんな痛みや不調が起きるのか)
■治療法(どんなアプローチがあるのか)

 
この4つが共通しています。これに加えて
 

■予防法
■各種治療法のメリットデメリット
■そのページのまとめ

 
などがあると、より良い検索結果になる傾向にあるようです。
 

共通するコンテンツ④ 関連する記事数の豊富さ

各サイトを見ると、その記事数の多さに驚かれると思います。
 
特に脊柱管狭窄症ひろばは、その記事数の数がすさまじく一週間に1本は、脊柱管狭窄症に関する記事を上げていきます。早いときは2日に1本の時もあるようです。
 
ケンカツなどはもっとすさまじいページで、1日に4本から5本の記事です。
 
そしてその記事ごとの文字数も、かなりのものです。
 
1500文字から多いと3000文字を越えるような記事ばかり。
 
治関連する記事の数を増やしていくこと、各記事の文字数を増やしていくことも重要であると考えられます。
 

治療院のSEO対策で出来る理想のコンテンツ構造

以上の内容を記事に盛り込むことが、治療院ホームページのSEO対策にとっての理想と考えられますが、この構造をそのまま当てはめて記事を記事を作成していったら、どのホームページもほぼ同じ内容になってしまい、SEO対策にならないことも考えられます。
 
なので以上のコンテンツに加えて、治あなたの院独自の内容を付け加えていくことが、一歩進んだSEO対策になるではないでしょうか?
 

【必須内容】
■定義(脊柱管狭窄症とは、坐骨神経痛とは)
■原因(なぜ起こるのか)
■症状(どんな痛みや不調が起きるのか)
■治療法(どんなアプローチがあるのか)
■予防法
■各種治療法のメリットデメリット
■そのページのまとめ

 

【一歩進んだ内容】
■あなたの院独自の見解
■なぜそう考えるか
■キーワードに合った、あなたの院にある患者さんの声
■あなたからのメッセージ

 
こうした内容の記事やページを作成していくことで、あなたの院のホームページの検索順位もまた徐々に上がっていくかもしれません。
 
しかし1つ気を付けないといけないのは、以前のようなアクセス数・検索順位に戻ることはほぼ不可能だということ。
 
これの理由は「医者監修の情報」「病院」「製薬会社」「医療系の学校」こうしたページを優先することが決まっているからです。
 
そんな厳しい状況の中でも、1つでも順位を上げたい方のための分析と提案が今回の内容です。
 
治療院としてSEO対策にかかるリソース、特に時間と手間のリソースは大きくなってしまいましたので、どこまでこれを続けるかはしっかりと考えていくべきでしょう。
 
SEOだけに力をそそいでも集客効率が悪いのが現状です。
 
それでもSEO対策を頑張りたい方は、ぜひ今回の内容を試してみてください。
 

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。