2018年8月以降の治療院のHPのSEO対策、どうすれば良いのか?①

※この記事は、WAOの過去のメルマガを転載しています。
 
こんにちは、石塚直紀です。
 
2018年8月頭に、グーグルで大きなアルゴリズムの変更があったことは、みなさんご存知だと思います。
 
それから治療院さんも、ホームページ業者も、治療院のコンサルさんも、検索順位の大変動で大慌てしてしまったわけです。
 
さてこのグーグルのアルゴリズムについて、私は色々と試していました。
 
その結果、検索結果が少しですが戻ってきているので、そのことについてお話しようと思います。
 
ただし、検索結果の戻りはあくまで「少し」であり、以前と同じようにはなっていません。
 
あくまで途中経過であり、少し順位が戻った対策であるということはご理解ください。
 

今回のグーグルアルゴリズムの変更で、何が起こったか

まずはこの2018年8月頭のグーグルのアルゴリズム変更で、何が起こったかについてお話します。
 
============================
●グーグルの考える「コンテンツの良さ」の定義が変わった●
============================
 
基本的にグーグルは、「ユーザーの役に立つ情報を載せているHPの検索順位を上げる」と言ってきました。
 
この「ユーザーの役に立つ情報」というのは、治療院のHPにとっては、「内容量の多さ」というものが重要でした。
 
要は、そのホームページ内に、「文字数が多い」「ページ数が多い」「なるべくなら健康情報のページが多い方が良い」というものでした。
 
だから治療院さんのHPのSEO対策として、「症状ページを追加しましょう」「ブログの記事を書いていきましょう」ということが言われていたわけです。
 
しかしこれが変わってしまった。
 
グーグルの良いと考えるコンテンツが、「内容量が多い」から別のものに変わってしまったんです。
 

どんなコンテンツが、グーグルの考える良いコンテンツなのか


じゃあどんなものに変わったのか?ということなのですが、おそらくですが、「検索キーワードと内容の一致度の高さ」が重要になったと考えられます。
 
この結果、今までのSEO対策で上位に表示されていたものが、一気に順位を落とすことになってしました。
 
「地域名+整体」のようなキーワードで落ちるだけでなく、院名検索ですら順位が落ちてしまうところもあるほどだったんです。
 

「検索キーワードと内容の一致度の高さ」って、どういうこと?

皆さんが知りたいのは、「検索キーワードと内容の一致度の高さって何?」ということででしょう。
 
例えば、「宇都宮 整体」というキーワードでの検索を考えてみましょう。
 
このキーワードで検索したいユーザーが必要とする情報は、「宇都宮にある整体院の情報」です。
 
例えば・・・

●基本情報がしっかりたくさん書かれている。
(院名・電話番号・住所・営業時間・駐車場について etc)

●どんな整体施術を行うかが書かれている

●予約方法や予約時の注意点が書かれている

●どんな人が施術をするか書かれている

●院の考え方などが書かれている

●院の特徴が書かれている

こうしたその院に関する情報が、「宇都宮 整体」というキーワードに一致するものと考えられるわけです。
 
逆に言えば、「坐骨神経痛について(なぜ起こるのか・どんな症状なのか)」などの症状のページというのは、その院に固有の情報ではないので、「キーワードに一致しない」と考えられるわけです。
 
症状のページは、「宇都宮 整体」というキーワードにとっては邪魔なんです。余計なものなのです。
 
余計な情報が多ければ多いほど、狙っているキーワードの順位が下がります。症状ページが多ければ多いほど下がっているのは、こういうことですね。
 
ブログをたくさん更新していたのに検索順位が落ちてしまっていたのは、同じ理由です。
 

コンテンツが少ないホームページの方が、減点が少ない

2018年8月以降、「地域名+整体」や「地域名+整骨院」というキーワードで検索したときに、「なんでこんなホームページが上位に表示されているの?」と思うこと、多くありませんか?
 
コンテンツ量が少ない、ページ数が少ないHPの方が上位に表示されていることが多いです。
 
これも「検索キーワードと内容の一致度の高さ」で説明が付きます。
 
ページ数が少ないHPは、余計なコンテンツが少ない=減点が少ない=キーワードどの一致度が高いと考えられているわけです。
 
こんなことから、これからの治療院HPのSEO対策では、「検索キーワードと内容の一致度の高さ」をしっかり考えないといけなくなってきたということがわかります。
 
むやみやたらにページ追加するわけにはいかなくなったということです。
 
これが現在治療院ホームページが置かれているSEO対策です。
 
今回はSEO対策の現状についてお話しました。ちょっとこれだけでも長くなってしまったので、次回は私が行った対策の中で、効果の合ったものを紹介していきます。

SNSでもご購読できます。