2019年 治療院が集客成功したいならポータルサイトに要注意

当サイトでアクセス数の多い記事は、ポータルサイトやクチコミサイトに関する記事です。
 
例えば
 
2017年夏版 治療院集客に有効なポータル・クチコミサイト
 
エキテンの集客効果に、治療院ごとに格差が生まれてきている事実
 
こうした記事はアクセス数が他の記事の数倍あります。それだけ治療院さんはポータルサイトに興味をもっているわけです。
 
ただ気を付けていただきたいのは、ポータルサイトはメリットだけではなくデメリットもあるということです。
 
ではどのようなポータルサイトにデメリットが大きいのか。今回はそれを説明いたします。
 

1つに登録すると複数に登録されるポータルサイト

ポータルサイトやクチコミサイトには、「1つに登録するとそれ以外のサイトにも登録される」タイプのものがあります。
 
Aというポータルサイトに登録したら、いつのまにかBやCのサイトにも登録されていたことありませんか?
 
この種のタイプのポータルサイトは要注意です。なぜなら、変なポータルサイトに登録されてしまったり、カテゴリーを間違って登録されてしまったりするからです。
 

変なサイトに登録されてしまうことのデメリット

変なポータルサイトに登録されてしまうと、どのようなデメリットがあるでしょうか?
 
もしそのサイトに、あなたの院のホームページのURLまで登録されてしまったら、検索順位に悪影響がある可能性があります。
 
これは「被リンク」というものです。他のサイトから自分の院のHPへリンクされることなのですが、あなたのHPへリンクしているサイト(「リンク元」と呼びます)が変なサイトの場合、HPのSEO対策としては逆効果になってしまうことがあるのです。
 

カテゴリーを間違って登録されてしまうことのデメリット

「知らないサイトに登録されていた、しかも「エステ」のカテゴリーで登録されていた」なんてことありませんか?
 
これも検索順位に悪影響がある可能性があります。
 
Googleは検索順位を決めるにあたって、様々なものを計算にいれています。
 
HPの内容はもちろん、どんなサイトからリンクされているか(被リンク)も重要です。
 
最近はSNSで書かれていることも計算にいれていると言われています。
 
治療院が登録されているポータルサイトの情報なども考慮にいれているようなケースもあります。
 
なのでもしあるポータルサイトで「エステ」と登録されていたときに、グーグル側は「接骨院なのにエステ?どういうこと?」となります。
 
この情報の齟齬によって検索順位が下がってしまうこともあります。(実証済)
 

最近のアルゴリズムの変化で検索順位が下がっているなら

2019年はほぼ毎月グーグルのアルゴリズムに変化があります。しかもかなり大きい変化が続いています。
 
この変化で急激に検索順位が下がってしまうことが多いなら、ポータルサイトを見直してみることをおススメします。
 
変なポータルサイトに登録されていませんか?治療院以外のカテゴリーに登録されていませんか?
 
思い当たる節があるなら、今すぐチェックしましょう。
 
ポータルサイトに登録されているかどうかは、「院名検索」をすればOKです。
 
自分の院の名前で検索して、検索順位を上から1つずつチェックしていけば見つかるはずです。
 
こんなところに登録したことあったかな?というサイトがあれば必ず内容を確認しておきましょう。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。