ブログの書き方

【治療院のブログの書き方】ブログが読みにくい!と患者さんに言われるなら、3ヶ所見た目を変えれば良い

ブログを頑張って書いているのに、患者さんからは「なんか読みにくいんですよね」とか「最後までなかなか読み切れないことが多くて」など言われることはありませんか?

せっかく頑張ってブログを書いているのに、読まれないことほど悲しいことはありません。

ブログを読みやすくするには2つの方向性があります。

①文章のリズム・文体の問題
②文章の見た目・レイアウトの問題

①の問題は時間をかけて身に着けていくものなので、一朝一夕で改善は難しいでしょう。

一方で②の問題は、知ったその日から実行できるものばかりです。

今回紹介するのはこの②の方です。見た目の問題からブログを読みやすくする3つのコツについてお話しましょう。

見出しをつける

読みにくいブログで最もパターンとして多いのが、「見出しを付けていない」ということです。

まずは画像でご覧ください。

最初は見出しのないブログです。文章の垂れ流しで、読む気を削ぐのを感じるでしょう。

では次に、見出しがついたものです。

見出しがついただけで、ずいぶんと読みやすくなったと思いませんか?

これが見出しの力です。

見出しはどうやってつければ良いのか?

皆さんが使っているブログは、おそらくWordPressでしょう。なのでここではWordPressでの見出しの付け方を説明します。

①まずブログの管理画面にログインして、「投稿」→「新規投稿」に進みます。
②投稿画面に移ると、「ビジュアル」「テキスト」を選べますが、テキストを選ぶと「html」というプログラム知識が必要になるので、「ビジュアル」を選んだおきましょう。
③ビジュアルを選ぶと、左に「段落」という部分が出てきます。

この段落で「見出し3」を選ぶと、今回紹介したような見出しを付けることが可能です。

画像を的確に設置する

文章だけのブログと文章+画像のブログ、圧倒的に画像付きのブログの方が読まれやすいことがデータでわかっています。

ではブログにはどのように画像を使うのか効果的なのでしょうか?

トップページに左右100%の画像を設置

最も重要なのは、そのブログの一番初めに、画像を設置することです。

ちょっと次の画像を見比べてみてください。

最初に画像がありその下に文章があるものと、文章だけしかないもの、どちらが「読んでみようかな」と感じますか?

多くの方は画像ありの方でしょう。実は画像が置かれることで、その周辺の文章が読まれやすいことは、はっきりとデータで判明しているんです。

なのでまず読んでもらうために、最初に左右の幅に合った画像を設置してみましょう。

見出しが多いブログの場合

もし1つの記事の文章量が多くなり、見出しも多くなった場合、途中の見出し下にも画像を設置することをおススメします。

文章だけがずっと続くと、離脱率が上がります。最後まで読んでもらいにくくなります。

なので途中で画像を挟むことで、再度読む気を引き起こすことが出来るようになります。

全部の見出し下に画像を付ける必要はありませんが、文章の長さと見出しの数に照らし合わせて、画像設置を考えてみるのが良いでしょう。

見出しごとの文章は長すぎないこと

そして最後のポイントは、「各見出しごとの文章を長くしすぎない」ということです。

見出しを設置して読みやすくしても、その見出しの下にある本文が長すぎると、離脱する率が高くなってしまうこともはっきりしています。

これもまずは画像で見比べてみましょう。

↓↓↓↓↓

最初の画像と後の画像、見比べていかがでしょうか?

文章がズラズラと長く書いてある方が、途中で断念してしまいそうになるでしょう。

文章を読み慣れている人にとっては問題ないのですが、残念ながら現代人はスマホの浸透で長文を読む能力が衰えてきています。

一つの見出しで丁度良い文字数を意識すると良いと思います。

私は一つの見出しパートでだいたい300文字~350文字くらいにすると、最も読みやすくなると考えていますのでおすすめです。

まとめ

文章の読みやすさには「リズム・文体の問題」と「見た目・レイアウトの問題」がある。

見た目・レイアウトの問題はすぐに実行できる技術なので、即効性あり。

3つの技術で今すぐブログを読みやすくしよう。

私個人としては、動画よりブログ派です。書かれた文字を読む方が動画を見るより楽です。

動画はインパクトがある一方で、正しく意図が伝わらないこともあります。

そして動画ではホームページのSEO対策にはなりません。

動画メディアより、ブログの方が人を説得する力があると思います。動画は「消費」されるものですから。

もしあなたもブログを重視している、ブログ力をつけたいと感じているなら、その第一歩として「文章のレイアウト・見た目」から変えてみると良いと思います。

新しく書く記事だけでなく、過去の記事も修正してみても良いかもしれません。

【治療院のブログ】今自分が治療院としてブログを書くなら、こんな記事を書く

今治療院が患者さんに情報発信して集客に直結するのは、ブログを書くこととPPC広告を利用することだとお話しました。

【需要のある症状】コロナ災禍真っ只中で、治療院にどのような需要があるのか?具体的な事例で紹介する

しかし「ブログを書きたいけど、どんな記事を書けば良いのか」こんな悩みを抱えている人も多いことでしょう。

そこで今回が、「私が治療院だったら今こんな記事を書く」ということをまとめます。

今ブログで悩んでいる治療院さんの参考になればと思います。

免疫力を上げる方法を「具体的に」

まずは免疫力を上げる方法をブログにまとめます。

ただ方法を羅列するのではなく、それぞれの方法で具体的にどう実行すると効果的なのか、なぜ効果が出るのかをを詳細に書きます。

その方法を元々知っている人にも「これが役立つ!」と思われるためにです。

■NG例

・適度な入浴
・運動
・胃腸を休める

こんな風に羅列しても、知っている人なら「ああ、知っているよ」で終わってしまうでしょう。

知らなかった人にとっては、「じゃあどうすれば良いの?」となるでしょう。

なので私なら具体的にブログを書きます。

実際のブログ記事例

新型コロナウイルスが徐々に広がってきて、みなさんも不安に感じていることでしょう。

私たち1人1人が出来ることに限りはあります。しかし私たちで出来ることの中でとても重要なことがあります。

それは自分の免疫力を上げるということです。

<中略>

運動は免疫力をあげることをご存知でしょうか?

適度な運動をすることで、風邪をひきにくい身体、免疫力の働く身体になれることがわかっています。

その中で当院がおススメするのは、「ウォーキング」です。

皆さん普段から歩いていますから、ウォーキングを行うハードルも低いでしょう。

なので今回は「こんなウォーキングをすると免疫力がグンと上がる」ということをお話します。

<具体的なウォーキング方法の説明>

さて今回は免疫力を上げるためのウォーキングについてお話しましたが、1つ注意して欲しいことがあります。それは「運動の強度」です。

運動強度が高く運動量が多いと、逆に免疫力が下がってしまうんです。

運動量が非常に多いアスリートが「風邪を引きやすい」とされるのはこれが理由なんですね。

<まとめ>

こんな風なブログ記事だとどうでしょうか?読み物としてもアリですよね。

免疫力を上げるウォーキングで1記事、胃腸を休めるメリットで1記事、免疫力を上げる入浴法で1記事。ブログ記事の数も増やしやすいですね。

免疫力に関して注意して欲しいこと

皆さんは治療家ですから、個々人で独自の免疫力に関する考え方をお持ちかもしれません。

独自の免疫力を上げる方法を持っているかもしれません。

しかしそれはブログでは抑えて、あくまで「ドクターから批判の起きない内容」を心がけてください。

今このコロナ不安の中で、あまりに独自すぎる考え方を発表すると炎上する可能性があります。

ドクターからも認められているような方法を詳しく掘り下げるようなブログにしてください。

今起きやすい症状について「具体的に」

あとはやはり、今このコロナ不安の中で起きやすい・実際に起きている症状についての記事を書くと思います。

これも症状の羅列ではなく、それぞれの症状について1つ1つ具体的に書いていくと思います。

例えば腰痛だとするならば、記事の構成はこんな風にします。

・腰痛の具体例(今、こんな状態で、こんな症状が出ていませんか?)

・その腰痛で悩んでいるのは1人だけではなく大勢いる

・今の状態が腰痛に繋がりやすい理由

・こんな生活習慣が腰痛を起こしている

・自分で出来る予防法

・自分の院で行っている腰痛治療法の紹介

・自院の治療が腰痛だけでなくストレス対策にもなる

まあこんな構成にして、それぞれの部分を肉付けして一つの記事にまとめます。

書く時のポイント

症状に関して書く時のポイントとして重要なのは、共感と希望だと私は考えています。

・共感
その症状があることがどれだけ大変か、どれだけ辛くて不安かわかってあげる。

ツラいことに共感してあげること。

・希望

そのツラい症状は改善できるもので、具体的にこのようにすれば改善して症状のない身体に戻ることが出来るということ

私も色々な症状で悩んだことがあります。

腰痛や肩こりもそうですが、一番怖かったのが「めまい」ですね。起き上がる時にグルングルンする、普通に歩けずふらつく。脳に問題が起きたのか怖くなりました。

その不安をわかってくれて、解消法を提示してもらえることが、どんなに希望に感じたことか!

一患者目線から、「共感と希望」をブログに込められるのであれば、とても良い文章になるはずです。

まとめ

実はこんな状況でも、ブログのネタはたくさんあって、患者さんのためになるブログをたくさん書くことが出来ます。

みなさん治療家ですから、患者さんに伝えたいことたくさんあると思います。

あんな健康法こんな健康法、本当は色々伝えたいですよね。

そのためのブログですから、こんな時だからこそ活用してみませんか?

ブログの基本は患者さんに役立つ情報を伝えることですから。