治療院のホームページは、今ほとんどがワードプレスで作成されていることと思います。
 
ワードプレスには「プラグイン」というソフトをインストールすることが出来ます。
 
プラグインを導入することで、元々なかった様々な機能を追加することが出来ます。
 
SEO対策しやすくなるプラグイン、文字の装飾をしやすくなるプラグイン、登録した画像を最適化するプラグイン、問い合わせフォームを設置できるプラグイン etc
 
しかしどのプラグインを選ぶか判断がつかないかもしれません。
 
プラグインの中には、ホームページの表示スピードを下げてしまうものもあります。
 
ここでは多くの治療院の集客サポートをしてきた私が「必須」だと思うプラグイン、「あると便利」と思うプラグインをご紹介します。
 

必須プラグイン

まずは必須なプラグインをご紹介します。このプラグインは「SEO対策」にとても重要なプラグインです。
 

All in One SEO Pack

『All in One SEO Pack』はSEO対策のために最重要なプラグインの1つ。
 
このプラグインを導入することで出来ることは、次のようなことです。
 

■ホームページの各ページのタイトル・メタタグ(メタディスクリプション)を簡単に設定することが出来る

ホームページのSEO対策で最も重要な部分は、各ページの「ページタイトル」です。これをどのような文言にするかで検索順位が大きく変わります。
 
トップページ・各固定ページ・各ブログ記事などのページタイトルやメタタグを書き換えたり、最適なデフォルト設定にしたりすることが出来ます。
 
■XML Sitemapを設定することが出来る

XML Sitemapというものは、検索エンジンに対して自ホームページの更新情報を伝えて、クローラーの巡回を促すために重要なものです。
 
これがないとなかなか検索順位にホームページが反映されなかったり、検索順位が下がっていってしまうことがあります。
 
しかしホームページにページを追加したり更新したりするたびに、このXML Sitemapを修正しないといけないのでしょうか?それは非常に大変です。
 
XML Sitemapを作成して、ページ更新の度に自動でそれ自体も修正されて、それを検索エンジン側に発信してくれる。それを設定することが出来ます。
 

あると便利なプラグイン


これから紹介するのは、集客に必須ではないけれども導入すると便利であるプラグインをご紹介します。
 

TinyMCE Advanced

ワードプレスは自分でブログ記事を書いてホームページに追加することが出来ます。
 
その際に「テキスト」「ビジュアル」という2つの種類のエディター(記事を書く画面)を選ぶことが可能です。
 
それぞれに特徴があり、テキストの場合はhtmlの知識があるとデザイン性のある文章装飾をすることが出来ます。
 
ビジュアルの場合はhtmlの知識なく文字を書いたり最低限の装飾をすることが出来ます。
 
しかし最低限の装飾ではなく「様々な形で文章を装飾したい」「直感的に画面を操作したい」という要望を実現するのが、このTinyMCE Advancedです。
 
ビジュアルエディターの機能を増やし、簡単に様々な文章装飾や段落作成をすることが出来るようになります。
 

Smush

ワードプレスに画像サイズの大きな画像ばかり登録していくと、ホームページの表示速度が下がっていってしまいます。
 
しかしスマホで撮影した写真のサイズは非常に大きいので、そのまま使ってしまうのは出来れば避けたいところです。
 
しかし画像のサイズを変更する方法がわからない方も多いのではないでしょうか?
 
そのような方のためにsmushという画像圧縮プラグインがあります。画像圧縮プラグインでは世界で一番使われています。
 
このsmushを導入すると
 
・すでに登録した画像のサイズ変更・画像種類の最適化を行なえる
・これから画像を登録するときに、自動でサイズが変更されるようにする

 
この2つを実現することは出来るので非常に便利です。
 
ホームページの表示スピードが気になる場合は使ってみると良いでしょう。
 

MW WP Form

問い合わせフォームを設置できるようになるプラグインがワードプレスには複数あります。
 
最も有名なものは『Contact Form 7』というプラグインなのですが、これは設定が難しいのでおススメできません。
 
そこでご紹介するのが『MW WP Form』という問い合わせフォーム設置プラグインです。
 
これは比較的直観的に問い合わせフォームの項目を作成して、ホームページ内に設置することが出来ます。
 
無料で複数のフォームを作ることも出来ます。
 
またこのMW WP Formには、有料にはなってしまうのですが追加機能があります。それが「MW WP Form Generator」というもので、これを導入することでより簡単にフォームを作る事ができ、またPC・スマホどちらでも最適化されて表示させることが出来ます。
 

導入しないほうが良いプラグイン

最後にホームページに導入しない方が良いプラグインを1つご紹介いたします。
 
それが『jetpack』です。
 
このプラグイン1つで様々な機能が使えるようになるので、多くのweb業者やコンサルタントが薦めていますが、私はこれはまったく勧めません。
 
なぜならこれを導入すると、ホームページの表示スピードが異常に落ち込むからです。ホームページの直帰率がグンと上がってしまうほどの遅さになることもあります。
 
jetpackを導入しても使う機能は1つ2つですし、そもそもその機能は他の軽いプラグインで代用が効きます。
 
jetpackは使わない方が良いでしょう。
 

おススメプラグインまとめ

必須 All in One SEO Pack
便利 TinyMCE Advanced
便利 Smush
便利 MW WP Form

 
以上が治療院ホームページに必要なプラグインです。思ったより少ないと感じたかもしれませんね。
 
プラグインはあくまでホームページのサポートをするもので、集客の根本を支えるようなものではありません。
 
だからむやみやたらにプラグインを導入することは必要ありません。今回ご紹介のプラグインで十分です。
 
あとはPPC広告をどう使うのか、どういうコンテンツ作りをするのかなどに注力する方が、集客にとっては遥かに必要です。
 
プラグインに惑わされず、何か導入したいものがある場合は、さまざな角度から調べて導入するか否かを決めるのが良いと思います。