カイロプラクティック

ホームページからの集客を増やすアクセスページのコツ

アクセス

意外なことが、ホームページからの集客の反応を増やすコツだったりします。
 
アクセスページなんて、その際たる例です。
 
ほんのちょこっとしたことで、一度行ってみるかと思わせることが出来るのが、アクセスページです。
 
今回は集客率アップのための、ホームページのアクセスページのコツをお話しましょう。
 

最寄駅からの道順を写真で説明すること

最寄駅から院への道順を、写真をフルに使って説明しましょう。
 
例えば・・・
 

・駅の●番出口を出ます
・出たら交差点を渡って右に曲がりましょう
・進むと右手にセブンイレブンが見えてくるので、そこを通り過ぎましょう
・1分ほどあるくと、右側にスターバックスが見えてきます。その奥の角を右に曲がりましょう
・真っ直ぐいくと左手に、スーパーWAOが見えますので、そこを通り過ぎます
・その先に、公園があるので、そこも通り過ぎます
・そこから1分ほどで、右手側に緑の看板が見えてきます。そこが当院です!ようこそ!

 
こんな感じです。こんな風に最寄駅から院への道順を追加するだけで、問い合わせが増えることがあります。
 

地図が読めない女性が多いということ

 
なぜアクセスページをこんな風に説明するだけで集客に結び付くことがあるかというと、理由の1つとして「女性が地図を読むのが不得意」ということがあります。
 
今は便利なので、無料でグーグルマップをホームページに埋め込めますが、その地図の見方が苦手な人が多いです。
 
見方がわからない=場所がわかりにくい=ストレスを感じる=行く気がおきない、という感情が心生まれてしまうと、残念ながら来院しないんですね。
 
実際に女性の患者さんにヒアリングすると、地図は読めないので、スマホで写真通りに来たよという人が多いです。
 
女性の患者さんはリピートしてくれやすいですし、紹介もしれくれやすいので、女性に優しいアクセスページ作りを心がけましょう。
 

「今自分は、院に向かっているんだ」と思わせられれば勝ち

何かにのめり込む体験というのは非常に強力です。例えば3D映画などは映画の中に入り込んだような感覚を持てるので、その映画に対する「好き」という感情が高まりやすいといわれています。
 
映画やドラマの舞台に行き、そこを歩くことで「作品の中に入り込んだ感覚」を持つと、その作品を好きになりやすい傾向にあります。
 
同じことが、このアクセスページで追求可能です。
 
例えばあなたの院のある最寄り駅に住んでいる人が、アクセスページの道順写真を見て、「ああ、あの道をこう進むのね」「あそこの店を曲れば着くのか」と、院へ行く疑似体験を感じさせることができれば、あなたの院への好感度が上がっていきます
 
この状態になると、他の院と比べられても感情の部分で優位に立っているので、「やっぱりあそこに行ってみよう」と思ってもらいやすくなるわけですね。
 
少し細かいぐらいに写真で説明していくのが良いと思いますよ。
 

コインパーキングも、位置を説明してあげるのが吉

駐車場に関して、院に併設されていれば問題ないでしょうが、都市部などでは駐車場併設の院を持つことはなかなか難しいですよね。
 
しかし身体に痛みがある人は、車で来たいという人も多いです。そんな人のために院の近くのコインパーキングをわかりやすく説明してあげるのが良いでしょう。
 
ただ「近くのコインパーキングをご利用ください」だけだと親切ではありませんね。例えば・・・
 

●院の周りのグーグルマップを画像化して、コインパーイングのある位置に印をつける
●そのコインパーキングがどんな外観が画像を貼る

 
などなどです。細かい情報を入れたい場合が、料金と止められる台数も書いておくと良いかもしれません。
 
きちんとコインパーキングまで書くことで、「車で行けるなら、行ってみるか」と思ってもらいやすくなります。
 
「コインパーキングがどこにあるかわからないし、探すの面倒だし・・・」と思われてしまって、せっかくの患者さんを逃してしまったらもったいないですよね。
 
車を使う人の気持ちになって、丁寧に説明してあげると良いですね。
 

患者さん目線で、丁寧に説明することは、どんな宣伝媒体でも重要

結局のところ、丁寧に説明して上げることが何より重要なのですね。
 
患者さん目線で、気になるであろうところをピックアップして、その気になるを解消してあげること。しかもわかりやすい説明で。
 
これは患者さんの役に立つことですし、患者さんに対して優しさも伝わりやすいです。
 
「あ、ここ、すごく気をつかってくれそう」「細かい所まで丁寧そう」と思ってもらえれば、他院よりも一歩リード。あなたの院が選ばれる確率が高まります。
 
今回紹介したアクセスページ以外にも、こうした「丁寧に説明する」ことで集客効果をアップできることもあります。
 
あなたの気持ちは患者さんに伝わるようなホームページ作り、これを心がけてみてください。
 
「自分が患者さんの立場だったら、どう思うだろう?」、こういう問いを常に持つことが重要ですよ。

口コミサイト「エキテン」で集客しやすい治療院の特徴

こんにちは、石塚直紀です。
 
前回口コミサイト「エキテン」の事に関して書きましたら、想像以上の反響をいただきビックリしました。
 
まだまだエキテンの仕組みを知らない方が多いようです。なので参考にしてくださった方が多く、大変うれしいです。
 
さて今回も口コミサイトエキテンについてお話しようと思います。エキテンで集客が大成功している治療院に共通する特徴についてです。
 

何が集客数を爆増させる要因なのか?

「口コミ評価点が一定以上ある」ということは大前提なのですが、その一定以上ある治療院の中でも、集客数が爆発している院にはある共通点があります。
 
それは「施術メニュー」です。
 
一つ例を上げましょう。
 
エキテンでの評価点3.9の整体院があります。
 

Aの院は、5000円で施術20分
Bの院は、5000円で施術50分
 
この場合Aの院は月に10名程度の集客、Bの院は月に30人程度の集客になりえます。

 
また例えば
 

Cの院は、4000円で施術50分
Dの院は、3000円で施術30分
 
だと、Cの院は月に40人くらいの集客を見込めますし、Dの院にいたっては50人/月の集客をエキテンで見込めます。

 
つまり、10分1000円単価前後の施術メニューが、エキテンでは集客しやすいということなんですね。
 

エキテンにおいては、施術時間が短いことはデメリットである

治療院さんの中では、なるべく施術時間を短くしたいと考えている人もいらっしゃるでしょう。
 
施術者の身体の負荷を考えたり、1日に10人以上治療を行うのであれば、どうしたって施術時間は短くしていかないといけません。
 
その一方で、エキテンを見に来る人の多くは、そうした「短い治療ではない方が良い」と考える人が多いです。
 
治療院側が「施術時間が短い方が体に負荷はないよ」と言ったとしても、それはエキテンを見る人にとってはメリットとは感じられないので、集客には結びつきにくいのが現状です。
 
※このあたりの「治療」を探している人にアピールするのであれば、エキテンよりも「ホームページ+PPC広告」の方が効果は高いですね。
 

エキテンでの集客効果を爆増ために

というわけで、もしあなたの院がエキテンでの集客を爆増させたいのであれば、以上のような10分1000円単価前後のメニューを作ってみると良いと思います。
 

骨盤矯正 3000円30分
姿勢矯正 2500円20分 
整体50分 5000円

 
こんな施術メニューだと集客しやすくなります。
 
とはいえそんな施術メニューを作りたくない!という治療院さんも多いことでしょう。
 
そういう院さんは
 
●内容の濃い口コミを集めること
●施術時間は50分だけど、手技自体は25分程度に抑えるメニューを作る

 
などの方法で、エキテンからの集客を増やすことが出来ると思います。
 
ご自身の信念にぶつかる場合は無理に倣う必要はありませんが、情報として持っておくといざという時に活用できるかもしれません。
 
以上、口コミサイト「エキテン」で集客しやすい治療院の特徴でした。

口コミサイト「エキテン」で、治療院が月30人集客するために必要なこと

こんにちは、石塚直紀です。
 
治療院さんの多くは、今エキテンに登録していますよね。多くの方は有料プランも利用しているのではないでしょうか?
 
私がエキテンに勤めていたとき、この有料プランの中身考えて、それを売り出しました。その最初のクライアントが、治療院さんでした。
 
その治療院さんは、無料機能でも集客出来ていたそうなので、「有料プランになったら集客が爆発するに違いない!」と直感して申し込んでくれました。
 
有料プランで初月20人集客、その後は30人/月が平均でしたね。
 
当時は有料プランを使っているクライアントに、効果をヒアリングしていました。月にどのくらい集客できているかを。
 
その中には月81人集客できた院もあります。30人以上集客出来ているところも多かったです。
 
そして30人集客出来ているいる院は、共通点がありました。そしてそれは今でもあまり変わらない共通点です
 
今回は「口コミサイト「エキテン」で、月30人集客するために必要なこと」についてお話します。
 
私の実体験に基づいた話なので、参考になると思いますよ。
 

口コミ評価点が最重要

エキテンで集客するために必要なこと、それは口コミ評価点です。
 
店舗ページにあるこの☆の評価です。
ekiten
 
これが高くないと、集客効果は出ません。
 
逆にいうと、これが高いのであれば、ある程度集客出来ます。
 
この評価点を上げるには・・・・ 基本的には「口コミ」を集めるしかありません。
 
口コミをたくさんたくさん集めていくしか、評価点は上がっていかないのです。
 
ベースとして、店舗情報を充実させることで、3.15にするまでは出来ます。それ以降は、とにかく口コミを集める。これです。
 

どれくらいの評価点を目標にするべきか?

じゃあどのくらいの評価点にすればいいでしょうか?
 
これは地域差や、近隣にどれくらいの点数のライバル院があるかどうかにもよります。
 
あくまで私が色々な治療院さんから、エキテンの集客効果を聞いた結果からの経験上のお話ですが・・・
 

●地域に高い評価点のライバル院が無い場合
→3.5点ぐらいで、大きく集客できるようになってくる
●近隣に3.8から4.0程度の院がある場合
→3.6の評価点+内容の恋口コミが幾つかあると、集客できるようになってきます
●4.0以上の院が多い地域
→その地域で少なくとも3位以内に食い込まないと、大きく集客することは出来ないでしょう

 

1つ1つの口コミの質(内容の濃さ)は影響あるのか?

これはあります。間違いなくなります。
 
例えばなのですが、高い評価点の治療院が集まっている地域であっても、内容の良い口コミを集めて3.6くらいまでもってこれたのであれば、集客出来る様になってきます。
 
エキテンは口コミサイトなので、このサイトを見る人は口コミを隅々まで読んでくる傾向にあります。
 
なので、「自分とまったく同じ悩みの人だ!」と感じられる口コミがあると、その院に予約をするのです。
 
これは内容の薄い口コミを集めている治療院さんでは起こりにくい現象ですね。このタイプの患者さんは、ほとんどがリピートしてくれるようです。
 

有料プランは必要かどうか?

エキテンには、無料プランと有料プラン(3種類)があります。この有料プランは利用した方が良いのでしょうか?
 
これも口コミ評価点がどれくらいかに影響されるでしょう。
 
たとえ一番高い有料プランに申し込んでも、口コミ評価点が3.3程度だと、集客出来ません。
 
逆に評価点が高い状態で(地域1位や2位)で有料プランを利用すると、集客効果が爆発する傾向にあります。
 
口コミを集めることが出来ていない状態で有料プランに申込むことは、私としてはあまりおススメはしません。
 

掲載する店舗情報で、集客効果は変わってくるか?

エキテンには色々な情報が掲載できます。その情報量によって集客効果は変わってくるかどうかですが、これも口コミ評価点に大きく左右される部分が多いです
 

口コミ評価点が高い×情報量は豊富 =爆発的な集客効果が期待できる
口コミ評価点が高い×情報量は普通 =そこそこの集客効果が期待できる
口コミ評価点が低い×情報量は豊富 =あまり集客効果は期待できない

 
目安としてはこんな感じです。
 

結局口コミをどれだけ集められるかが、エキテンでの集客のカギ

以上が、私がエキテン時代に培ったノウハウと、現在のクライアントの状況をふまえた、エキテンで集客するために重要なことです。
 
もちろん例外はあります。あんまり口コミ評価点が高くないのに、そこそこ集客出来ている院もあることは事実です。
 
しかしそれは例外で、なぜ集客出来ているかがわかりません。例外の院を真似してもしょうがないでしょう。
 
逆にエキテンで集客出来ている院の共通点を見つけてそれを真似していく方が重要です。
 
そしてそれは、まずは口コミを集めていくこと。これです。
 
だって考えてみてください。あなたの体に痛みがあって良い治療院を探している時、エキテンを見て評価点が低い所に行こうと思いますか?
 
治療院探しは飲食点探しとは違い、「失敗しても、まあいいか次があるし」とはなりません。
 
痛みがあり、すぐになんとかしたいので、院選びに失敗したくないのです。絶対に。
 
口コミ評価点が高い →それだけ多くの人が利用している →信頼出来そう →失敗するリスクが低そう。
 
治療院を探している人は、こうした思考で院を選ぶので、口コミ評価は重要なのです。
 
なかなか口コミ評価を高めることは難しいですが、逆に集めきってしまえば、安定して集客できる良い媒体になります。
 
口コミの集め方で悩んでいるのであれば、私が提供している無料集客ツールをぜひご覧ください。

カイロプラクティック院のホームページに必要な5つの集客要素

カイロ

こんにちは、石塚直紀です。
 
今や治療院はカイロだけでなく、整体院・整骨院・鍼灸院と多種多様でライバル院も多いですから、何も考えずにホームページを作成するだけでは、集客に結びつかないケースがほとんどです。
 
カイロプラクティック院のホームページも他院のホームページと同じく、その独自性を考えて差別化を図らないと経営が安定していかないということです。
 
私はカイロプラクティック院とのお付き合いも多いので、多くのカイロ院のホームページを作成しています。
 
そしてその集客サポートのどっぷりと浸かっております。
 
毎日試行錯誤して、カイロ院はどうすればホームページで集客できるか考えてきました。
 
その経験から、カイロプラクティック院がホームページで集客に必須な要素、いわばホームページ集客のスタートラインに並ぶために必須な5つの要素をピックアップしました、
 
あなたが今後ホームページを作成したり、修正したりする参考にしていただけば幸いです。
 

①施術の安全性を明確にする

カイロと聞くと、ボギボギバキバキして、矯正時に痛みを感じるのではないか不安な感じる人が非常に多いです。
 
昔テレビのバラエティ番組で取り上げられたカイロのイメージがとても強く残っているのです。(実は私もそうでした)。
 
特に首の矯正は、バキボキしないとわかっていても怖いです。不安になります。
 
たとえバギボギする施術だとしてもそうでないとしても、「安全なんだ」ということ、「痛くないんだと」いうことを強調しましょう。
 

②身体が治る理屈と実績

カイロプラクティック施術のイメージとしては、チョチョっと骨をいじってオシマイというイメージを持っている人がほとんどです。
 
短時間で施術が終わるので、その効果に懸念を感じている人も多いです。
 
その不安・懸念を取り除かないと、患者さんは一歩足を踏み出しません。
 
何故カイロで不調が改善するのかをわかりやすく伝える。そしてその実績をありったけ掲載する。これを心がけてください。
 
「なぜカイロプラクティックで、ここまで身体が大きく変化するのか?」「それには大きく3つの理由があります。」のように、「なぜ」「その理由は」とわけて、説明をするのが良いでしょう、。
 
短い時間の施術であればあるほど、理屈と実績が重要になります。
 

③ターゲットを絞る

カイロプラクティック院の場合、「症状をなんでも対応しています!」だったり「痛みシビレを予防しましょう!」などをホームページでうたうのは得策ではありません。
 
カイロプラクティックは治療です。強い痛みや、病院で治らない症状、原因がわからない症状などに絞るべきです。
 
一般の人にとって、肩こりは治療するものではありません。軽い腰痛は治すものではありません。癒すものです。
 
予防も治療ではありません。
 
「治療」に結びつくターゲットでないと、集客できなくなってしまうのです。
 

肩こり程度では呼べない。だから四十肩五十肩。
腰痛程度ではなく、坐骨やヘルニア。
疲労や癒しではなく、自律神経系の不調。

 
治療としてのターゲットを絞ることで、ホームページの反応も上がっていきます。

 

④今の痛み不調をなんとかすること

先ほどもお話しましたが、予防、未病では人を集めることは非常に難しいです。予防未病は、あくまで「現在通っている人」に対して伝えることです。
 
ホームページで訴えるべきなのは、今現在痛みや不調がある人への解決策。なぜなら、カイロのホームページを探している人は、探している最中も痛み不調で悩んでいる人だからです。予防法を探している人はほとんどいないのです。
 
あなたは予防策をインターネットで調べますか?何か問題が起こってからインターネットで調べものをするのではないでしょうか?
 
今の痛みを解決することを、明確に伝えるホームページにしましょう。
 

⑤カイロの生まれはアメリカで、そこでは医療の一環であること

カイロプラクティックは整体などの民間療法と一緒に思われがちで、人によっては施術効果疑念の目を持つ人もいます。
 
しかし実際はアメリカで生み出されて、アメリカでは補完医療として認識されています。カイロを身につけるために、多くの知識と経験が必要なものです。それを日本でも訴えましょう。
 
民間療法だと疑わしくても、医療と同じなら一度見てもらいたいという人も多いです。
 
病院と同じように感じてもらえば、患者さんにとって「治る場所」として認識されやすいので、集客に結び付きやすくなります。

 

今が、あなたの院の集客のスタート地点です

①施術の安全性を明確にする
②身体が治る理屈と実績
③ターゲットを絞る
④今の痛み不調をなんとかすること
⑤カイロの生まれはアメリカで、そこでは医療の一環であること

 
これだけでなく、あなたの院ならではの特徴を加えることで、カイロプラクティック院のホームページはようやく集客のスタート地点に立ったといえます。
 
あとはホームページをどう運用するか。常に更新、常に情報を追加することで、検索順位を上げる。患者様の体験談を追加し続けて、信頼度を上げていく。ブログを更新することで、あなたの人柄を伝える。
 
そうすることでホームページを通して、あなたの院の魅力・らしさを見込み患者様に伝えれば、患者さんが一歩足を踏み出してあなたの院にやってくるのです。
 
集客率を1%でも上げるために、今回の記事を参考にしてみてください。

カイロプラクティック院の集客で、見落としていけない大前提

カイロ

こんにちは!石塚直紀です。
 
治療院にはいくつか種類がありますよね。整体院・整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック院など。これらはそれぞれ、自らの特性を理解しないと、集客に結び付く宣伝をすることが出来ません。
 
特にカイロプラクティック院の場合は、むやみやたらに宣伝をすれば良いというものではありません。考えず宣伝をしたら、集客は出来ないでしょう。
 
ちなみに私のクライアントの話になるのですが、あるカイロ院さんは、クーポンを使わずに月15人前後をネットで集客しています。非常に良い患者さんが集まっているとのことで、そのうち8割が完治まで通ってくれ、7割の方がメンテナンス施術も続けてくれているそうです。
 
このカイロ院さんのホームページを作成した時にも、「カイロ院の特性」を前提にしました。
 
今回はカイロプラクティック院の特性についてお話したいと思います。
 
カイロ院をこれから開業される方、現在経営されている方は、ぜひとも参考にしてみてください。
 

カイロ施術は、治療である。ということの意味

カイロプラクティックという施術を、一般の人がどのように捉えていると思いますか?
 
カイロプラクティック施術は、普通は50分5000円のような単価ではなく、20分・30分で5000円・6000円と言った単価で施術を行っていますよね。(それより高いことも多いですね)
 
こういう単価の施術の場合、患者さんは施術=治療という感覚を持ちます。
 
では患者さんが「治療を受けよう」と思うときはどんな症状の時だと思いますか?
 
肩こり・腰痛・疲労程度では、治療を受けようとは思いません。
 
もっと重い症状のときに治療を受けようと思うのです。
 
例えば、坐骨神経痛・ヘルニア・狭窄症・片頭痛、病院で治らないような股関節痛・自律神経失調症などなど。カイロプラクティック院が集客するべき症状はこういった重篤な症状なのです。
 
なぜならカイロ施術は治療だからです。
 
しかし見込み患者さんのボリュームとして、肩こり・腰痛・疲労などを狙いたいというカイロ経営者さん、多いですよね。仮に世の中の身体の不調で悩んでいる方を100とすると、肩こり腰痛疲労で7割ぐらいは占めるので、狙いたくなる気持ちもわかります。
 
しかしここを狙った広告を作ると、ホームページを作ると、大失敗する可能性が非常に高いです。
 
なぜなら、人は肩こり・腰痛・疲労を治療しようと思わないからです。
 
肩こり・腰痛・疲労は、癒すものだからです。
 
だから肩こり・腰痛・疲労の患者さんは、10分1000円単価の施術に流れます。50分5000円ぐらいで整体をやっている院が強いですね。
 
※治療院サイドとしては、肩こりも腰痛も疲労も治すものだと思うかもしれませんが、重要なのは見込み患者さんがどう思うかです。患者さんの気持ちになって考えることが集客には必要です。
 

カイロプラクティック院は重い症状に特化した宣伝を行っていくことが最重要

例え大きなボリュームゾーンだとしても、肩こりや腰痛、疲労を狙ってはいけません。
 
重い症状で悩む人をターゲットにするべきなのです。
 

●ターゲット
病院で何度も治療を受けても改善せず悩んでいる人
病院で原因が不明だと言われて悩んでいる人

 

●症状
-整形外科的症状:
坐骨神経痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・ぎっくり腰の再発・股関節痛・恥骨痛・頸椎ヘルニア・首のゆがみ、その他病院で改善しない痛みなど
 
-自律神経失調症的症状:
めまい・耳鳴り難聴・嘔吐感・顔面神経麻痺・不眠症・不安症・更年期障害・取れない倦怠感・激しい動悸・自律神経失調症など

 

●広告デザイン
明るいポップなものではなく、治療としての本格性を出せるような、落ち着いたデザイン

 
こうしたことを大前提として、宣伝広告を打つのが、カイロプラクティック院が集客で成功する秘訣です。開業から集客スタートダッシュをかける秘訣なのです。
 

ボリュームゾーンを捨てる勇気が、カイロプラクティック院を救う

なかなかボリュームゾーンの見込み患者さんを捨てるのは抵抗があると思います。こうした層があるから、30人40人を集客することが出来る院があります。
 
しかしカイロプラクティック院は、それに向いていません。なにかしら特殊な条件が重なりあって、奇跡的に肩こりでも集客できる院があるかもしれません。
 
しかしそれは極少数例。再現性のない成功例です。それを真似してはいけないのです。(最近はそういった再現性のない成功例を売りにして商材を売るコンサルが多いのが困りどころですね・・・)
 
最初に集客の土台を固めるために、経営を安定させるためにも、肩こり腰痛疲労は捨てて、カイロ院だからこその見込み患者さんを集めることに集中しましょう。
 
それに良いこともあります。肩こり腰痛疲労で悩む患者さんは、なかなか通ってくれません。継続してくれません。色々な院に浮気をしやすい人たちです。
 
なので常に新規をたくさん集めないと、経営が安定しないという、非常に不安な院運営に陥ってしまうことも。
 
毎月40人の新規を集めないと立ち行かない治療院とか、辛すぎますよね。
 
しかしカイロプラクティック院は、優良な患者さんと向き合いやすい環境にあります。それを利用しないことはもったいないですし、あなた自身もやりがいを感じないはずです。
 
ずっとずっと痛みやシビレで悩んでいた方は、あなたの施術で徐々に良くなっていき、そうしてとうとう笑顔を見せてくれるようになる。
 
こんな素敵でやりがいのある仕事はないはずです。カイロプラクティック院なら、そういった仕事が出来るんです。悩む患者さんを助けられるんです。あなただからこそ出来る施術をしていきましょう。
 
カイロプラクティック院の集客には、はずしてはいけない前提があります。それを踏まえれば、定着しやすい患者さんを集める事が出来ます。
 
変な情報に惑わされることなく、真っ当な道を進むことがカイロ院の成功の最短の道でしょう。
 
ぜひカイロ院を経営するあなた、開業しようとするあなたには、今回の記事を参考にしていただければと思います。

治療院が競合調査でチェックすべき項目と対策法

新規集客

整体院・整骨院・鍼灸院などの治療院の集客では、「これをすれば必ず集客できる!」という魔法のような方法はありません。
 
そのような魔法を探し求めると集客は失敗します。行うべきことは、魔法の方法ではなく、地道な方法です。
 
しかし「地道な方法」とはいえ、なにをするべきかわからないのでれば、前に進むことが出来ません。
 
集客したい、でも何をしていいのかわからない・・・  そんな悩みを持つ治療院の方も多いことでしょう。
 
ここでは、あなたの院が集客のために何をするべきかを見つける方法についてお教えします。
 
この方法を使って、あなたの院が「今すべき地道な方策」を見つけて、あなたの院の集客に役立ててください。

Webを強化するべきかどうかを決める

まず行うべきことは、あなたの院が今すぐWebに力を入れるべきかどうかを考えることです。
 
その際に必要なことは、あなたの地域の競合院のホームページやクチコミサイトの活用状況調べることです。
 
どのように調べれば良いのでしょうか?

「地域名 整体」で検索をして、1ページ目にあるホームページをチェックする

まずするべきことは、あなたの地域にある治療院ホームページの出来をチェックすることです。
 
「地域名 整体」で検索をして、1ページ目に出てくるホームページを確認しましょう。
 
もしそこで5つ以上、「これは非常に出来が良い・・」と思うホームページがあれば、今から新たにWebを強化しても、すぐに集客に結びつかない可能性があります。
 
出来が良いと思うものが3つ程度であれば、Webを強化しても間に合うかもしれません。
 
※これは「Webに強化をしても無駄」と言っているわけではありません。
 
今すぐにではなく、時間をかけてWebを強化していければ、たとえ出来の良いホームページがたくさんあったとしても、集客に成功できます。
 
その時間がある方は、頑張ってみても良いでしょう。時間がない方は、他の方法を検討した方が良いと思います。

クチコミサイトをチェックする

またエキテンなどのクチコミサイトもチェックしておきましょう。
 
クチコミサイトであなたの地域にはどれくらいの競合がありましたか?
 
クチコミサイトの点数で3.8以上の院が多いのであれば、今すぐにWebからの集客を成功させることは難しいかもしれません。
 
飛びびぬけて高い点数の院が1つと、あとはせいぜい3.6ぐらいに落ち着いているのであれば、今からそのクチコミサイトを運用して、クチコミを集めることで集客に成功できる可能性は大いにあると思います。
 
まだあなたの地域でエキテンなどが活用されている形跡がないのであれば・・・ それは大・大・大チャンスです。
 
クチコミをいくつか集めて、有料会員になれば、ガンガンと集客出来る可能性があります。

Webの競合が強すぎる場合に出来る方策:アナログの施策

あなたの院のある地域のWeb競合が強い場合は、どうすれば良いのでしょうか?もう打つ手はないのでしょうか?
 
いいえ、そういうことではありません。そんなときは、Webではなくアナログの施策に頼るべきときでしょう。
 

チラシを作成して、撒く

ホームページでの集客が当たり前になってから、チラシの効果を疑問視する声が多く、「もうチラシでは集客できない」と強く言われるようになりましたが、実はそれは誤りです。
 
もちろんWebのない時代と比べると効果は落ちていますが、それでも正しくチラシを作って撒けば、それなりに集客することが出来ます。
 
チラシは
 
●ターゲットにダイレクトに響くキャッチコピー
●あなたの院がすごい理由
●患者様の体験談
●オファー(初回特典)
●あなたの顔写真 etc
 
それ一枚で内容を完結するぐらいのつもりで、詰め込んで作ることが重要です。
 
間違っても、
 
・院名
・対応症状
・施術コース
・詳しくはホームページへ
 
みたいな内容ではNGです。それは撒くだけ無駄になってしまいます。
 
10000枚で20人(0.2%)ぐらいまでは高めることが出来ます

クーポン誌の場合は、媒体を慎重に選ぶこと

アナログな手法としてクーポン誌もありますが、こちらの場合は要注意です。その媒体によって集客効果に大きな差が出てます。
 
例えば
 

■ホットペッパー
「治療」目的の集客は、非常に弱いです。
 
美容系の施術の場合は、それなりに集客をすることが出来ます。
 
■ぱど
全盛期ほどの集客効果はないですが、治療院でも初回半額くらいに設定すれば、それなりに集客できる地域はまだあります。
 
都市部よりも地方部の方が反応が良い傾向にあります。
 
■地域誌
その地域誌の影響力によって集客力に大きく差があります。その地域誌に関して、営業担当やWebでの評判、あなたの患者さんなどに評判などを聞いて、判断してみましょう。

競合調査後の施策のまとめ

最後に、今回の記事のまとめをさせてください。
 
あなたの院が集客のために何をするべきかを見つけるために
 

①Webを強化するべきかどうかを決める

その判断のためには
 
・「地域名 整体」で検索をして、1ページ目にあるホームページをチェックする
・クチコミサイトをチェックする
 
その結果、まだWebを強化しても間に合う、もしくは時間がかかっても強化していくだけの余裕があれば、ホームページやクチコミサイトの運用を強化していきましょう。
 
もしそこでWebでの集客が難しそうな状況であれば・・・

 
②Webの競合が強すぎる場合に出来る方策:アナログの施策
 
その方法として
 
・チラシを作成して、撒く
・クーポン誌の場合は、媒体を慎重に選ぶこと
 
ということになります。
 
治療院の新規集客では、
 
・ホームページ
・クチコミサイト
・チラシ
・クーポン誌
 
この4つで約95%が決まります。それ以外のソーシャルメディアなどの運用を強化しても、満足いく結果を得られないと思います。
 
だから新規集客で悩んでいる治療院さんは、ぜひ今回の内容を元に、「何をすべきか」を決めていっていただければと思います。