こんにちは!石塚直紀です。
 
私は治療院のホームページの集客力を上げるために、毎日ウンウンと頭を悩ませています。
 
治療院さんのクライアントが多いので、治療院集客のことを考える時間がドンドン増えてきています。
 
治療院さんのホームページの集客に必要なものは、基本的にその院さんごとに違います。
 

・地域性
・地域のライバル院の状況
・あなたの院で集めた体験談の質と数
・施術料金
・あなたの院の特徴 etc

 
こんな要素が色々組み合わさって、最終的に集客に結びつくわけです。私の役割は、そんな要素を調べて考えて、集客に何が足りないかを見つけて、それを対策していくことです。
 
そんな中、だいたいの院に当てはまる「集客力アップ要素」というものがあります。それは
 
専門性です。
 

専門性を追加することで、ホームページの集客率がアップする

専門性というのは単純に言うと、「肩こり専門」「腰痛専門」とかにするということです。
 
考えてみてください。もしあなたが腰が痛くて整体を探していたときに
 

①整体施術 なんでも対応します

②腰痛専門整体 腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアに特化しています

 
この2つがあったとき、どっちに心が惹かれますか?ほとんどの人が②ですよね。
 
専門性というのはそれだけで人の心を掴むので、ホームページを見ている人は「やっぱり専門の人に見てもらった方が良いのかな・・・」と他院の施術と比較した結果、専門性の高いホームページに傾くことが多いです。
 
なのでホームページを大幅に修正しないで集客率を上げたい場合は、「専門性を追加」することが1つの手段でしょう。
 

見込み顧客減らさないように専門性を追加する方法

「腰痛専門・肩こり専門、そういう言葉を追加すると見込み顧客が減ってしまわないか?」と思うことでしょう。
 
腰痛専門と書くと、腰痛以外の患者さんが来ないのではないか?そう思うかもしれません。
 
確かにそのリスクはあります。トップページに大きく「腰痛専門」と書かれていたら、頭痛や肩こりの人は来ないかもしれません。
 
そこで見込み顧客減らさないように専門性を追加する方法をお教えします。
 

①症状ページを追加します

腰痛・坐骨神経痛などに特化したページを、1ページ追加します。

②専門整体と記します

そのページに、「腰の痛みシビレ専門整体」と記します

③特化コースを作って、そのページに追加します

普通の施術以外に、「腰の痛み特化施術 ○○円」を作り、それを掲載します

集客

 
こうすることで、トップページでは一般的なページ作りになっていつつも、各症状ページでは「特化型」に見えるような作りになるわけです。
 
ホームページのトップは、一般の作り。各症状ページで特化に見せる。
 
これが見込み顧客を減らさないように専門性を追加する方法です。
 
現在のホームページ集客に重要なことは、様々なキーワードでのアクセスを集めることです。
 
特に重要なことは「地域名 症状」でアクセスを集めて、そのキーワード内容にあったページを見せる。こうすることで集客率は上がります。
 
その1つのやり方が、今回ご紹介した「専門性を追加すること」です。
 
ぜひ参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

治療院集客集団WAO
治療院集客集団WAO
治療院ひとつひとつの特性や地域性・業種ごとの推奨マーケティング理論を踏まえた集客コンサルティングを行うプロ。

有名クチコミサイト「エキテン」黎明期に在籍し、企画立案、有料サービスのプランニング、一般店舗のコンサルタントとして集客・マーケティング業務に従事。

当時のクライアント店舗は300を超え、その大半が治療院であったため、治療院の集客を熟知するようになる。特に新規客獲得に貢献した集客のエキスパートとして2012年に独立し「店舗集客集団WAO」を立ち上げる。

2021年には店舗集客集団WAOの治療院部門を独立させ、「治療院集客集団WAO」を設立。