治療院を営んでいると、毎日多くの営業電話がかかってくるので、その対応が面倒に思ってしまうことでしょう。
 
絶対に営業電話は受けないと思っている人も多いのでは?
 
しかし営業マンもトーク力もなかなかのもので、少し話を聞いてみたらドンドンと良さげなサービスに思えてきて、「今申し込まないともったいないのではないか・・・」と思えてきてしまうこともあります。
 
営業電話で紹介されるサービスは玉石混交。玉である可能性は小さく、石であるケースがほとんどです。
 
私の元にはクライアントから、「こんなサービス申し込んだけど失敗してしまった」という情報が集まってきます。
 
今回は「これは絶対にやめた方がよい」というサービスについてお話します。
 

リスティング広告のプレミアムポジション


プレミアムポジションという言葉はご存知ですか?
 
プレミアムポジションはGoogle AdWordsやYahoo!プロモーション広告などのリスティング広告で、毎月定額で特定のキーワードで広告を出せるというものです。
 
治療院向けには、だいたい次のような提案があります。
 

-「地域名+症状名」という検索キーワードで広告を表示させる。
-キーワードの「完全一致」という条件であること
-月額15000円~20000円ぐらいの費用

 
一見すると魅力的な内容に見えますが、これには大きな問題があります。
 
それはキーワードの「完全一致」という部分です。
 
例えば「東京 坐骨神経痛」というキーワードで「完全一致」という条件で出稿すると、次のような出稿結果になります。
 

「東京 坐骨神経痛」 → 出稿される
「東京 坐骨神経の痛み」 → 出稿されない
「東京 坐骨神経痛 整体」 → 出稿されない
「東京 坐骨神経痛 治療」 → 出稿されない

 
現在ユーザーは多様なキーワードで検索をするようになっています。だから2キーワードだけでなく3つのキーワードで検索することもザラです。
 
また似た言葉で検索することもあります。
 
そうした考えられる検索キーワードで検索されないのです。
 
PPC広告の費用を減らせると思って、この治療院向けプレミアムポジションに申し込むと、ホームページへのアクセスが激減し、集客がグッとなくなる結果になります。
 

ホームページSEO対策


2018年末から2019年6月現在にいたるまで、グーグルはほぼ毎月検索アルゴリズムを変えてきています。
 
「ユーザーに役立つ情報が掲載されているHPが良い」とグーグルは言いますが、その「ユーザーに役立つ情報とは」という定義が、以前とはまったく変わってしまっています。
 
そんな状況でSEO対策をすることは非常に難しいのが実情です。
 
今月上手くいった施策が、翌月には逆効果になってしまっていることもあるからです。
 
今明確なSEO対策を行うことは不可能といっていいでしょう。
 
ですから2019年6月時点で、SEO対策の営業は聞かない方が良いでしょう。
 

Googleからのアドワーズ広告コンサルティング


もしあなたがグーグルアドワーズ広告を使っていて、それによる集客で上手くいっているのなら、Googleからのアドワーズ広告コンサルティング営業が合っても受けない方が良いでしょう。
 
私のクライアントで、GoogleのコンサルによってPPC広告の設定を変えたら集客出来なくなったという報告が多数寄せられています。
 
Googleからの提案は、「もっとアクセスを増やせます」というものです。「集客できる」ではなく「アクセスが増える」です。
 
集客に結びつかないようなキーワードが追加されたり、無駄に広告露出が増えたりする設定に変更されてしまうことで、使われる予算が増えたのに集客数が減ってしまうのです。
 
Googleはアドワーズ広告を提供していますが、アドワーズ広告を使ってどう集客するかに関しては素人です。
 
どんなキーワードで、どんなエリア範囲で、どんな設定をするのが治療院には合っているのかは知りません。
 
「Googleだから大丈夫だ」と信じ込まずに、気を付けて対応することをおススメします。
 


以上が現時点で利用することを避けた方がWEBサービスです。
 
知識がないとそのサービスが有用かどうかは見抜くことは非常に難しいですので、営業マンの営業トークに魅力を感じることは仕方ないと思います。
 
ただ美味い話はありませんので、注意深くサービスを検討していきましょう。
 

投稿者プロフィール

治療院集客集団WAO
治療院集客集団WAO
治療院ひとつひとつの特性や地域性・業種ごとの推奨マーケティング理論を踏まえた集客コンサルティングを行うプロ。

有名クチコミサイト「エキテン」黎明期に在籍し、企画立案、有料サービスのプランニング、一般店舗のコンサルタントとして集客・マーケティング業務に従事。

当時のクライアント店舗は300を超え、その大半が治療院であったため、治療院の集客を熟知するようになる。特に新規客獲得に貢献した集客のエキスパートとして2012年に独立し「店舗集客集団WAO」を立ち上げる。

2021年には店舗集客集団WAOの治療院部門を独立させ、「治療院集客集団WAO」を設立。