写真撮影

プロに頼まず自分で写真を撮影する場合に、少しでも質を上げるコツ

治療院の宣材写真、つまりホームページやチラシなどで使うための写真というのは、集客効果を左右することが多いために、可能であればプロの写真家に撮影してもらう方が良いとお話しました。
治療院の集客のために、写真撮影はプロに頼むべきか
 
しかし
 
「そこにかける費用がどうしても出せない」
「今はまだプロに頼む段階ではないけども良い写真も欲しい」
 
という方もいらっしゃるでしょう。
 
その場合は、自分や知人で写真撮影を行わないといけません。
 
そこで今回は、少しでも写真の質を上げる・クオリティの高い写真を撮るためのコツをお伝えしましょう。
 

カメラの設定:ホワイトバランスだけは必ず調整すること

もし自分で宣材写真を撮る時には、スマートフォン内蔵のカメラではなく、デジカメを使いましょう。
 
重要なのはデジカメの設定です。
 
今のデジカメは様々な機能があるために、その気になれば細かな設定をすることが出来ます。しかしそれは普通の人にはかなり難しいことです。
 
だからただ1つだけ、「ホワイトバランス」というものの設定だけにこだわってください。
 
白いものが白く写るように色の補正をおこなう機能をホワイトバランスというのですが、これが写真の質を決めると言っても過言ではないほど重要な設定です。
 

オート
曇天
晴天
蛍光灯
電球

 
こうした設定項目を見たことありませんか?これがホワイトバランスです。
 
それぞれを選ぶと、見え方が大きく変わると思います、
 
基本的には「オート」の設定にしておけば良いですが、もしそれでうまくいかない場合は
「画面が白く明るく見える設定」を探してみましょう。
 
天気や室内の環境で、同じ設定でも見え方が違うことがありますので、撮影する度にホワイトバランスの設定をチェックすることが重要です。
 
※お持ちのデジカメの使い方が分からない場合は、「カメラの機種名 ホワイトバランス 設定」というキーワードでネット検索をしてみましょう。
 

環境:晴天の日を必ず選ぶこと

プロのカメラマンだと、多少天気が悪くても質の高い写真を撮ることが出来ますが、天気が悪いと、素人撮影の場合は写真の仕上がりがかなり暗くなってしまいます。
 
なので素人だと撮影をする場合は、晴天の日を選んでください。
 
ライティング=光が当たる事はとても重要な要素で、普通の院にはカメラ用の照明はないと思います。
 
晴天というのは天然のライティングであり、写真を明るく仕上げてくれることでしょう。
 

環境:余計なものを置かない

治療院の場合、撮影は院内で行うことがほとんどです。
 
施術ベッドで施術をしているシーンなどが重要ですから、カメラのレンズから施術ベッドを覗いてみて、余計なものが映り込んでいないかをチェック。もしあればそれをどかしていきます。
 
素人だと1つの画面内にゴチャゴチャと物があるのは、汚く見えてしまいますし、画面のどこを見ていいかわかりませんし、ピントも合いにくくなってしまいます。
 
撮影する場所をキレイに片づけておくこと。余計なものを置かないこと。要確認です。
 

構図・枚数:とにかくたくさんの枚数を撮影すること

【枚数】
カメラの設定・環境の準備が整ったら、いざ撮影。
 
撮影する場合に重要なこと。それは様々な構図で、とにかく枚数をたくさん撮るんです。
 
何百枚も撮るつもりでシャッターを押しましょう。
 
プロのカメラマンも、たくさん撮影します。たくさん撮影した中で良い物を選んで、使用しているんです。
 
素人だと使わない写真もたくさんありますが、たくさん撮影するからこそ、良い写真が出来上がるんです。
 
1回1回を完璧に撮るのではなく、とにかく素人だとたくさんの角度からたくさん枚数を撮影してみましょう。
 
 
【構図】
良い構図というものがあります。
 
これは「空間を空ける」というものです。
 
例えばスタッフの顔写真を撮るとき、顔のアップ、その人のアップ写真を撮るのではなく、横に素人だと空間を入れておくと雰囲気が良く見えますし、画像の加工にも使いやすくなります。
 
アップの写真も撮影しつつ、空間を空けた写真も撮影するようにしてみましょう。
 

トリミング:ペイントで余計な部分を切り取り

さて撮影されたものに、余計なモノが映っていることも多いでしょう。
 
フォトショップなどの画像処理ソフトが使えるなら、余計なものを消す事も出来るでしょうが、普通はそのようなソフトを持っている人・使いこなせる人はいないと思います。
 
そんな時は、素人だと「ペイント」というツールを使いましょう。
 
ペイントというのは、windowsのパソコンなら必ず入っているツールです。
 
http://help.busblog.jp/m/cat/ko_ga_61.asp
こちらでわかりやすく説明しています。
(windows7バージョンですが、windows8,10でも基本的な使い方は同じです。)
 
 
以上の5項目が、プロカメラマンではなくあなたが写真を撮る時に、少しでも良い写真を撮るコツです。
 
面倒と思われるかもしれませんが、プロの写真に少しでも近づけるにはそれなりの努力が必要になります。
 
何度も何度も写真を撮影する環境を作ることは難しいので、1回で良い写真を撮影するためにも、面倒な条件をクリアしていきましょう。

治療院の集客のために、写真撮影はプロに頼むべきか

写真

宣伝集客で必ず必要になるもの、それは画像です。
 
院長写真・スタッフ写真・施術の一連の流れの写真・院内写真・院の外観の写真などなど、チラシやホームページを集客効果のあるものに仕上げるためには、画像は必須であると言っても過言ではありません。
 
今は治療院でも使えそうなフリー素材のサイトが多くあるのでそれを使えばチラシやホームページを作ることは出来ますが、フリー素材っぽさが強く、「院らしさ」が出ないので、集客効果が非常に弱い傾向にあります。
 
さて写真を撮影することには3つの選択肢があります。
 

①自分で撮影する
②友人知人で写真が上手い人に撮影してもらう
③プロのカメラマンに撮影してもらう

 
私は「③プロのカメラマンに撮影してもらう」を強くおススメします。
 
治療院業界のマーケティングでは、「自分で出来る範囲をやって、宣伝費を下げよう」という考えが強いですが、写真の質は集客に直結することが多く、ここでお金をケチってしまうと、チラシやホームページ、その他ポータルサイトの集客力に悪い影響が出てしまうからです。
 

実際に写真を比べてみよう

では実際に写真を見比べてみてください。
 

 
これは「そこそこ写真撮影に手慣れている人」が撮影した私です。
 
 

 
こっちがプロに撮影してもらった写真(加工前)です。
 
いかがでしょう。全然違うと思います。
 
プロというのは明るさの設定や構図の設定が段違いに上手いので、加工前の状態でも、その画像のクオリティに差が出ます。
 
コミュニケーションの法則の1つで「メラビアンの法則」というものを聞いたことがありますか?
 
心理学者のアルバート・メラビアンの理論なのですが、「人間は9割は見た目と声で判断する」とのことを発見・発表した理論です。
 
画像は声がないので見た目のみでの判断ですが、それでも5割ぐらいは画像の質で判断されかねません。
 
せっかく良い内容のチラシ・ホームページを作ったのに、写真のクオリティが低く集客力が下がってしまったら・・・ こんなもったいないことありませんよね。
 
そうした機会損失をなくすためにも、「写真はプロのカメラマンに撮影してもらう」ということを私は強くおススメしているのです。
 

プロのカメラマン、どうやって探せばいいの?選ぶ基準は?

ではプロのカメラメンに頼みたい場合、どうやって探せばいいでしょうか?そしてその選ぶ基準として、何に気を付ければ良いでしょうか?
 
まず基準としては、目安の費用を覚えておきましょう。
 
だいたい2時間くらいの撮影で3万円前後。これが一般的な目安です。
 
プロのカメラメンの撮影では、人によって画像のクオリティに差がでにくいです。「プロ」なので皆技術を持っているからです。
 
また写真撮影はほとんどの場合は1回だけ。撮影時間の2時間程度だけ確保すれば良いので、カメラメンの人柄や性格までを厳選する必要はありません。
 
3万円前後で写真撮影してもらえるサービスが地域にあるなら、それを選んで問題ないと思います。
 

インターネットでどう探すか?

インターネットでプロのカメラメンによる撮影サービスを探すのであれば、
 

「地域名 治療院 写真撮影」
「地域名 治療院 出張撮影」

 
などの検索をしてみましょう。地域名部分は、「都道府県」を入れましょう。
 
地域によってはそれでは見つからない場合もあると思います。
 
そういう時は地域名部分に、近くの大都市を入れてみると出て来る場合があります。
 
例えば「奈良 治療院 写真撮影」で見つからない場合は
 
「大阪 治療院 写真撮影」で検索してみるなど。
 
それでも見つからない場合は、私が結構利用しているところがあるので、良ければサイトをチェックしてみてください。
 

ビズスマイル
http://bizsmile.photo/

 
※この会社と私はまったく関係がなく、普通に客として使っているだけです。利益誘導などは一切ありません。
 
治療院の集客宣伝では写真のクオリティにこだわっておいて損はありません。
 
しかも1回良い写真を撮影しておけば、数年はそれを宣伝に活用できるのですから。費用対効果は抜群です。
 
お金がもったいないと考えるより、機会損失の方がもったいないと思います。
 
写真を撮影するときには、プロカメラマンを使うことをおススメします。