【画像でわかる】All in One SEOの設定方法【発展編】

         

2020年12月のアップデートで大きく仕様が変わったWordpressのプラグインである「All in One SEO(旧:All in One SEO Pack)」。

抜本的な変化だったので、使い方に困っている方からのご相談が非常に多いです。

そこで前回は、All in One SEOの基本設定の方法を画像を使って説明をしました。詳しくは「【画像でわかる】大規模アップデートで変わったAll in One SEOの設定方法【基本編】」をご覧ください。

この記事を読んでいただけば、ホームページのSEO対策として十分な設定を行うことが出来るのですが、新しいAll in One SEOにはいろいろな機能が付け加えられています。

今回は基本設定以外にいろいろある機能の説明と使用方法について画像を使ってご説明いたします。

先に申し上げると、SEO対策としては前回の基本編の記事だけで十分です。今回はAll in One SEOをより詳しく理解したい方はお読みください。

All in One SEOの構成

アップデートしたAll in One SEOは、大枠として次の9個ページに飛ぶことが出来ます。

ダッシュボード
一般設定
検索の外観
ソーシャルネット
サイトマップ
ローカルSEO
SEO分析
ツール
機能マネージャー
会社案内

上から1つ1つ解説していきます。

ダッシュボード

All in One Seo

ダッシュボードページは、いわばプラグインのトップページのようなところです。

ここでは、「【画像でわかる】大規模アップデートで変わったAll in One SEOの設定方法【基本編】」でも説明しました、基本設定をする「セットアップウィザード」を立ち上げることが出来ます。

All in One Seo

またSEOサイトスコアと呼ばれる、今回のアップデートから付け加えられた「SEOの点数」が表示されます。(これは非常に厄介なものなので、別記事で詳しく説明&検証を行います)これの点数が低いと焦ってしまうと思いますが、検索結果にほぼ影響していないので気にする必要はありません。

All in One Seo

「クイックリンク」部分では、有料機能への誘導や、使われることが多い機能へのリンクがあります。

「サポート」はその名の通り、All in One SEOを使うための手助けとなる部分です。ユーザーガイド(説明書)や初心者向けガイドを読むことが出来ます。

一般設定

All in One Seo

一般設定ページの最初に表示されるのは「セットアップウィザード」です。すでにお話した通り、これはAll in One SEOの基本設定を行うものです。

その下に「ライセンス」とあるのは、有料機能を使うときにライセンスキーというものを入力する部分です。

一般設定ページの上部を見ると、ここからより細かいページに飛ぶことが出来ます。

ウェブマスターツール
RSSコンテンツ
アクセス制御
高度な設定

詳しい説明が必要なのは「ウェブマスターツール」と「高度な設定」部分でしょう。

ウェブマスターツール

All in One Seo

ウェブマスターツールページには、「Google検査コンソール」「Bingウェブマスターツール」「Yandexウェブマスターツール」「Biduウェブマスターツール」「Pinterestサイトの確認」「Googleアナリティクス」のロゴが表示されます。

これらのウェブツールとWordPressの管理画面を連動させることが出来ます。

連動というのは、WordPressの管理画面にこれらのツールのデータを表示させることを意味します。

Google検査コンソールはGoogleサーチコンソールのこと。Googleアナリティクスはご存じグーグルのアクセス解析機能。

Pinterestはアメリカの写真共有サービスのこと。

Bingはマイクロソフトの検索エンジン。Yandexはロシアの検索エンジンで、Biduは中国の検索エンジン。この3つは設定する必要はありません。

連動させるなら、Google検査コンソールとGoogleアナリティクスぐらいでしょう。

Google検査コンソールとGoogleアナリティクス

Google検査コンソールをクリックすると、Googleサーチコンソールページで入手できるGoogle確認コードを入力することが出来ます。この確認コードを入力すると連動されるようになります。

Googleアナリティクスのロゴをクリックすると青いボタンで「Google Analyticsを管理」と出てきます。Monster Insightsという機能が表示されるので、ここで設定を行います。

高度な設定

ここでは、投稿ページや固定ページなどでSEOスコアを表示させるかどうかを決めることが出来ます。初期設定は表示されるようになっています。

他には様々な有料機能がありますが、これは無視してよいでしょう。

検索の外観

All in One Seo

検索の外観ページでは、検索結果に自分ホームページがどのように表示されるかを確認できます。

注意が必要なのは、最初に表示される「区切りタイトル」部分ではなく、その下の「ホームページ」という部分で表示の確認が出来るということです。

またこのページからも、より細かいページに飛ぶことが出来ます。

コンテンツタイプ
タクソノミー
メディア
アーカイブ
高度な設定

コンテンツタイプでは、各投稿ページや固定ページで、検索結果上にどう表示させるかを変更する場所です。

タクソノミーは、カテゴリーページやタグページが検索結果でどう表示させるか設定するページです。

メディアページは、登録した画像が検索結果に表示させるかどうかを設定したり、画像をクリックするとその画像単独のページに飛ぶようにするかどうかを決めることが出来ます。

アーカイブページは、投稿・固定ページでもない、カテゴリー・タグページでもない細かいページが検索結果に表示された時の表示設定ページです。

高度な設定ページは、WEBの専門家でないとわからない部分です。

以上のことから、基本的にはどのページもいじる必要はありません。WEBに自信がある方は、コンテンツタイプページをいじるくらいで良いでしょう。

ソーシャルネットワーク

All in One Seo

ソーシャルネットワークページには、細かい4つのページがあります。

ソーシャルプロフィール
Facebook
twitter
Pinterst

SNSを活用していない場合は設定する必要は一切ないですが、もし店舗・院の公式SNSを活用している場合は設定をしておくことをお勧めします。

ソーシャルプロフィール

ここでは各種SNSを登録することが出来ます。

もし店舗公式のツイッターアカウントやフェイスブックアカウントがあれば、そのURLをここで入力します。

ここにSNSのアカウントURLを入力すると、あなたのホームページとこのSNSが関連づけられます。

Facebook、twitter、Pinterst

All in One Seo

この3つのページでは、それぞれのSNSであなたのホームページがシェアされた時にどのように表示されるかを決める場所です。

「オープングラフマークアップ」を有効にすることで、設定項目が表示されるようになります。

サイトマップ

All in One Seo

サイトマップページは4つの細かいページに分かれます。

-一般的なサイトマップ
-動画サイトマップ
-ニュースサイトマップ
-RSSサイトマップ

動画サイトマップとニュースサイトマップは有料機能なので、使用できるのは一般的なサイトマップとRSSサイトマップです。

一般的なサイトマップ

一般的なサイトマップというのは「XMLサイトマップ」と呼ばれるものを指します。

XMLサイトマップというのは、「ホームページがどんなページ構成になっているのか」をグーグルの検索エンジンに伝えてインデックスしてもらう(検索結果に登録してもらう)役割を持ちます。

RSSサイトマップ

RSSサイトマップというものは、ホームページに新しいページが追加されたときにグーグルの検索エンジンに伝えてインデックスしてもらう役割を持つサイトマップのことです。

サイトマップの注意点

これらのサイトマップを使うには、「サイトマップ有効化」部分をクリックすればOKです。

ただ注意点があります。サイトマップというのはAll in One SEO以外に専用のプラグインがあり、それを導入している場合、機能がぶつかりあって効果を発揮できなくなってしまうのです。

もしあなたが「google xml sitemaps」というプラグインを導入しているなら。All in One SEOのサイトマップ部分を設定する必要はありません。

ローカルSEO

ローカルSEOページは有料機能となっていますので使うことが出来ません。

SEO分析c

SEO分析ページは2つのページを含んでいます。

-SEO監査チェックリスト
-競合サイトを分析する

それぞれを詳しく見ていきます。

SEO監査チェックリスト

All in One Seo

このページではホームページ全体のSEOサイトスコアという、All in One SEO独自のSEO点数をつけることが出来ます。

AIOSEOと接続というリンク部分をクリックします。

All in One Seo

名前とメールアドレスを入力する部分が出てきます。

NAME部分にはあなたの名前かホームページのタイトル、Email部分にはメールアドレスを入れて、緑の「Register to See Your Site Score」ボタンをクリックします。

そうするとあなたのホームページのSEO対策が点数で評価されて、どこを修正変更するべきかが示されます。

All in One Seo

競合サイトを分析する

All in One Seo

競合するホームページやサイトのURLを入れるとそのサイトのSEO対策の評価が示されます。

SEO分析の注意点

この機能で注意していただきたいのは、そもそもこのSEO対策評価が正しいかわからないということです。

この評価はグーグルによる評価ではなく、あくまでAll in One SEOというプラグインが評価しているだけです。

実際にこの得点が高くても検索上位に表示されていないケースも多数あります。

この点数だけ見て一喜一憂する必要はありません。

このSEO評価点が本当に参考になるかどうかは別記事で検証します。

ツール

All in One Seo

ツールページは次の5つページから構成されています。

-Robots.txtエディター
-.htaccess エディター
-インポート/エクスポート
-データベースツール
-システムステータス

このツールページは、みなさんが設定をする必要がない部分です。

ホームページやプログラミングの専門家がチェックすることもあるが、素人がいじるとホームぺージが正しく表示されなくなってしうこともあります。

機能マネージャー

All in One Seo

このページでは次の4つのページに飛べるようになっています。

-Image SEO
-Video Sitemap
-Local Business SEO
-News Sitemap

この4つはどれも有料機能です。つまり機能マネージャーページは有料機能に誘導するだけのページです。

会社案内

All in One Seo
最後は会社案内ページです。

ここではAll in One SEOを作成した会社が他にどんなプラグインを提供しているのかが紹介されています。

またAll in One SEOの有料機能と無料機能の比較が掲載されています。

まとめ

長くなってしまいましたが、All in One SEOの設定方法について説明いたしました。

前回の「【画像でわかる】大規模アップデートで変わったAll in One SEOの設定方法【基本編】」と合わせて参考にしていただければ、このプラグインを十分活用できるでしょう。

今回の記事は、All in One SEOの各ページ・各機能を細かく説明したものです。

ただし紹介しているのは無料機能の部分だけなので、有料機能を詳しく知りたい方には参考にならないと思います。

繰り返し説明していますが、このAll in One SEOというプラグインは有料機能を利用するメリットが店舗や院側にないので、無料機能部分だけの利用で十分でしょう。

有料=良いサービスというわけではありませんので、有料機能部分にこだわる必要はないと思います。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。