【2021年版】治療院の新規集客に直結する4つの方法

         

治療院の新規集客に直結する方法は4つあります。

この4つのどれにリソースをつぎ込むかが、新規集客を安定させることにつながります。

新規集客がうまくいっていない場合は、このリソースの分配に失敗していたり、それぞれの方法の組み合わせが出来ていない可能性があると言えるでしょう。

しかし今回お話しすることを理解すれば、新規集客法を見直すことができ、徐々に新規集客数を増やしていくことが出来ます。

お話することは次のようなことです。

治療院の新規集客に直結する4つの方法とは何か
それぞれの方法をどう運用すると集客に直結していくのか
どのように方法を組みあわせると集客率が上がるのか

ぜひ説明することを参考にして、あなたの治療院の新規集客につなげてください。

新規集客に直結する4つの方法

治療院の新規集客方法には様々あるのですが、新規集客に「直結」するのは次の4つです。

・ホームページ
・グーグルマイビジネス
・クチコミサイト・ポータルサイト
・チラシ

最近集客にSNSを利用しようという声もありますが、SNSは成功した運用に再現性がない(同じことをしても同じ結果にならない)ので、「直接」というより「間接的に」新規集客に影響するぐらいに考えておきましょう。

いずれにせよ、この4つをどう運用するか、どう組み合わせるかが新規集客のキーです。

これからそれぞれの宣伝方法の運用法・組み合わせについて説明していきます。

ホームページ

運用法

ホームぺージで集客するには、2つの側面から運用をしていく必要があります。

・ホームページのコンテンツ
・ホームページのアクセス数

この2つの両方を上手く運用できた時に初めて新規集客につながります。

この2つは車の両輪のようなもので、どんなに良いコンテンツでも見込み患者からのアクセスがないと新規集客になりません。

どんなに見込み患者からアクセスされても、コンテンツが魅力的ではありません。

「魅力的なコンテンツ」が「見込み患者」に見られることで初めて来院につながるのです。

なのでホームぺージで集客が出来ていない場合は、コンテンツ・アクセス数、もしくはその両方の見直しが必要になります。

コンテンツの見直し箇所

治療院ホームページのコンテンツの見直し箇所を挙げればきりがないので、ここでは集客に直結する箇所を紹介します。

・初回オファー
・患者の体験談数
・メディア掲載
・医療従事者の推薦

初回オファーの料金は新規患者数を大きく変えます。

地域によって違いますが、980円なのか、1980円なのか、2980円なのか、3980円なのかをテストしていき、成約率と継続率を比較して決めていきましょう。

患者さんの体験談・メディア掲載・医療従事者からの推薦の3つは、ホームページのその他のコンテンツが弱かったとしても、集客力を高める最強のコンテンツです。

質の高い患者さんの体験談の数を増やす、メディア掲載を増やす、医療従事者からの推薦を複数集めて掲載するだけで、新規集客の成約率はグンと高まります。

対策して一番費用対効果が高いのが、この4つだと言えるでしょう。

アクセス数見直し箇所

ホームページのアクセス数を集めるには、SEO対策を強化するかPPC広告を使うかの2つの方向性があります。

2021年現在、治療院のSEO対策は一筋縄では行かず、「YMYL」と「E-A-T」という2つを実現しなければいけません。

※「YMYL」と「E-A-T」は「「治療院がホームページSEOで確実に対策しなければならないYMYLとE-A-Tを具体的に説明します」」をご参考ください

SEO対策に強いホームページは集客力に強くないコンテンツになりやすいので、「集客方針」を根本から考えていくことが必要になります。

※集客方針に関しては「治療院の経営を安定させるために必須な「3つの患者層」の考え方をまとめます」の記事が参考になりますのでぜひご覧ください。

PPC広告はお金を使えば簡単にアクセスを集めることが出来ます。「どのエリアに」「どんな症状で」出稿するかをテストして、最適なアクセス数を集めていきましょう。

グーグルマイビジネス

運用法

グーグルマイビジネスもホームページの運用と同じように、「コンテンツ」と「アクセス数」がとても重要になります。

現在はPCよりもスマホからのアクセスが多いので、スマホからの見え方を意識して運用する必要があります。

グーグルで検索をした時に、画像のように2つの院がグーグルマイビジネス部分に表示されるので、ここにいかに表示させるか、そしてクリックしてもらうかが新規集客につながります。

アクセス数:MEO対策をどうするか

グーグルマイビジネスであなたの治療院のページのアクセスしてもらうには、検索結果の順位がほぼすべてです。

「地域名+整骨院」「地域名+症状名」などのキーワードで、パソコンならトップ3・スマホならトップ2に表示されることを目指します。

グーグルマイビジネスで上位に表示させる対策を「MEO対策」と呼びます。この対策の方法は細かい部分まで合わせるとかなりの数になるので、ここでは「これだけは必須」と言える方法をご紹介します。

・グーグルマイビジネスの院名・住所・営業時間・定休日などの基本情報の「表記」をホームページと完全に一致させる

・グーグルマイビジネスにクチコミを集めて、そのクチコミに対して返信する。

・グーグルマイビジネスで上位表示させたいキーワードを、必ずホームページのトップページに自然な文章で複数個入れ込む

この3つだけは必ず行いましょう。

コンテンツ

グーグルマイビジネスのコンテンツは次の4つが重要です。

・ビジネス情報
・投稿
・写真
・クチコミ

ビジネス情報部分は院に関する説明文を最大750文字まで入力できる箇所です。ここで治療院としてどのような強みがあるかを、過不足なく掲載しましょう。

また狙っていきたいキーワードがあるなら、なるべく多数入れておいた方が良いでしょう。

投稿は、ブログのようなものでアピールしたい情報を発信する場所です。

画像とテキストを投稿できます。よくある失敗パターンは「文字だけ入った画像をを作成してアップする」というものがあります。なぜ失敗かというと、テキストも一定量書いておかないと、MEOに影響しないからです。

写真は、治療院の内外やあなた自身の写真や施術シーンの写真など、なるべく治療院がイメージしやすい画像を登録しましょう。

クチコミはグーグルマイビジネスのコンテンツで最も重要だと言えます。

なるべくたくさん集めて、それに対して返信する。それ自体が集客力になりますし。MEO対策になります。

クチコミサイト・ポータルサイト


治療院関連の口コミサイト・ポータルサイトは数多くあります。

しかしその中で集客につながるものは少数です。

今回紹介するのは、集客効果が期待できる次の2つです。

・ホットペッパービューティー
・エキテン

ホットペッパービューティー

ホットペッパービューティーは完全有料のクーポンサイトです。ビューティーという名前ですが治療院でも掲載出来ます。

このサイトの特徴は次の通りです。

・クーポン設定が集客に直結
・それなりに集客できるけどリピートにつながりにくい

ホットペッパーはクーポンサイトなので、魅力的なクーポンを設定することが集客に直結します。

クチコミが少なくてもそれなりに集客できるのですが、リピートにはつながりにくいので、「どのように利用するか」かを検討しましょう。

クチコミは集めれば集めるほど集客力が上がっていきます。

エキテン

エキテンは店舗のクチコミサイトで、治療院による利用率はナンバーワンと言えるでしょう。

エキテンには無料プランと有料プランがあり、それぞれで使える機能やサイト内で目立つ量が違ってきます。

しかしエキテンで集客するのに必要なのは「クチコミ数」と「クチコミ評価点」です。

クチコミの数を増やして、院としてのクチコミ評価点を高くしないと、無料プランであろうが有料プランであろうが集客にはつながりません。

そういう意味では先行者利益が強いサイトなので、今から新たに参入していくのは難しかったりします。

もしあなたの地域で、競合院のクチコミ評価点がまだそれほど高くなっていないなら、利用してみる価値はあるでしょう。

チラシ


チラシはアナログな宣伝方法ではありますが、いまなお有効な新規集客宣伝法です。

チラシで新規集客を増やすのは次の3つがポイントになります。

・特定の症状に特化すること
・オファー価格をグッと下げること
・ホームページに誘導すること

特定の症状に特化させる

チラシはターゲットを絞れば絞るほど効果が出ます。

しかし絞りすぎると見込み患者自体が少なくなるので、どの程度絞るのかが新規集客数に直結します。

チラシでおススメなのは「腰痛特化」「産後ケア特化」です。この2つは集客につながりやすい症状です。

自律神経失調症などは特化してもチラシだと集客につながりにくいので、チラシなら「痛み」を主軸にしてみることをお勧めします。

オファー価格をグッと下げる

チラシには初回の特別価格であるオファーを掲載しましょう。

このオファーをいくらにするかが集客数に直結します。

チラシではなるべく特別感を出すために、中途半端な割引ではなく、大きく割り引きすることをおススメします。

当社では「1980円」や「980円」などにすることが最も反応率が高くなるので推奨しています。

初見料+施術料金で9000円を、初回に4500円にするような中途半端なオファーは反応が鈍ります。ご注意ください。

ホームページに誘導する

今もチラシが新規集客につながるのは、チラシ→ホームページを見る人が増えているから。

チラシでインパクトのあるキャッチコピーなどを載せることも重要ではあるのですが、それだけでなく「ホームページにアクセスしやすさ」も必要です。

どんなキーワードで検索するとホームページが出てくるのか紹介する、ホームページに飛べるQRコードを載せるなど。

もしくは「ホームページには100件の体験談がありますのでぜひご覧ください」など、チラシを見る人の背中を押す文言があることも有効です。

4つの方法をどう組み合わせるか

ホームページ・グーグルマイビジネス・クチコミサイト/ポータルサイト・チラシの4つは、適切に組みあわせて利用することで集客力をアップさせることが出来ます。

ホームページ×チラシ

最も代表的で効果的なのが、「ホームページ×チラシ」の組み合わせです。

ホームページには能動的にインターネットで調べよう・検索しようとする人がアクセスするものです。

しかしネットを上手く使えない年代があります。60代以上の層はネットが苦手な人が多いです。

そういう人にもホームページを見てもらうために、チラシを配ることは有効なのです。

特に膝痛や変形性膝関節症などで悩む高齢者には、ホームページ単独だけだと集客に結び付きにくいので、チラシを配布してチラシからホームページに誘導するのが有効です。

ホームページ×グーグルマイビジネス

あなたの院がグーグルマイビジネスに登録しているなら、グーグルで院名検索をすると、純粋な検索結果ではなくグーグルマイビジネスが最初に表示されます。

グーグルマイビジネスにはホームページへ誘導するためのURL登録をすることが出来ます。

なのでグーグルマイビジネスからホームページへのアクセス流入はバカになりません。

グーグルマイビジネスのアクセス数を増やすことが、ホームページのアクセス数を増やし、集客の底上げをすることが出来ます。

ホームページが集客の要

チラシにせよグーグルマイビジネスにせよ、それ単独の集客力はそれほど高くありません。

しかしチラシ・グーグルマイビジネスにホームページを組み合わせることで、それぞれの集客力を高めることにつながります。

だから新規集客の要はホームページだと言っても過言ではありません。

費用や時間を何に費やすかを考えるなら、まずはホームページの運用を優先することをお勧めします。

治療院の新規集客法まとめ


2021年現在、治療院の新規集客に直結する方法についてお話しました。

最後に要点をまとめます。

・ホームページ、グーグルマイビジネス、クチコミサイト・ポータルサイト、チラシの4つが新規集客に直結する方法ある。

・これらを適切に組み合わせることが新規集客力を高めることにつながる

今や治療院はコンビニよりも多くあります。治療院戦国時代を生き抜くために、新規集客から逃れることはできません。

「新規集客のために何をするべきか」「何にリソース割くべきか」を悩んでいるかもしれません。

そんな時に参考となるのが今回の記事です。

新規集客の4つの方法とそれぞれの運用法を理解して、ぜひあなたの治療院の集客の底上げにつなげてください。

無料治療院集客ツール:4日で14人集めたチラシサンプル・良質な体験談収集マニュアル

新規集客に悩む整体院・整骨院・鍼灸院の方へぜひ役立だてていただきたい集客ツールを、無料で提供いたします。

4日で14人の新患をあつめたチラシサンプル
・そのチラシの内容解説 → 自分のチラシに応用してください
・良質な体験談を集める用紙とサンプル
・良質な体験談を集めるマニュアル(環境整備方法・声のかけ方etc)


など、あなたの院の集客にすぐに使える&応用できるツールをマニュアルとなっています。これを120%使っていただき、あなたの院をもっと多くの方に知ってもらい、患者さんを元気にしてあげてください。そしてその結果、あなたの院が繁盛してくれることを祈っています。

無料集客ツールをダウンロード

SNSでもご購読できます。